読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

注文住宅を建てようとしていた僕は、中古マンションリノベーションにシフトした

マンションリノベーション

http://blog-imgs-98.fc2.com/g/u/r/gurikenblog/eye21.jpg

なにもかも自分で決めたい

マイホームに憧れを持っていた僕ですが、
ただ新築ピカピカの家が欲しかった訳ではありません。

いや、もちろんピカピカのおうちに住むことは大前提なのですが、
人が作ったものは嫌でした。

なので他人が他人のセンスで作った「建て売り」は最初から候補から除外しました。


自分たちで何もかも決めたい僕らは
まず「注文住宅」だよね~!となったわけです。

「吹き抜けは必須!」

「大きな窓も付けたいね!」

「窓からは緑が見えるところがいい!」

「玄関は広い土間があって~」

「キッチンはアイランド!」

 

と、まああれこれやりたいことは出てきます。
間取りもキッチンも何もかも好きに決めて、
休日は庭で友人を招いてバーベキュー

そんな生活を想像していたのですが…

最初は乗り気だった妻が、実は「マンション派」でした。

僕は実家が戸建て。
一方妻の実家はマンション。
馴染みのある生活がいいのは当然です。

しかも雪国に住む私たちは、
マンションだと雪かきをしなくていいメリットもあります。

さんざん盛り上がったあげく、話し合いは平行線をたどりました。

そして、気づくのです。

そもそもローンを組んで家を買うということは、
長くそこに住むことが前提

(一生に一度の買い物とは僕は思っていないのですが。このあたりはまた書きます)

どんな家に住むか
よりも前に

どこに住むか

のほうが先でした。 

 

そしてその立地こそが住宅購入の妥協してはいけないポイントだったんです。


まず立地の優先順位を決めた



まず僕らは、住む地区をある程度絞った上で、
譲れない立地条件を出し合いました。

戸建て派の僕は
・休日にバーベキューのできる庭を作れるくらいの広い土地
・仕事上、JRや市営地下鉄に徒歩圏内がいいけど、良い家にすめるのなら立地は少し妥協しても…
・それよりも、広くて安い土地に素敵な家を建てようよ

こんな感じです。

一方、マンション派の妻は
絶対公共交通機関の徒歩圏内!!!バスも乗りたくない。JRか市営地下鉄!!!
立地が悪いところは無理!!!!

当然ですが交通アクセスが良いところとなると、

土地は狭くなり、地価も高くなります。

交通量も多いです。隣の家との間隔もあまりありません。

僕の考える「庭でバーベキュー!」は街中じゃ出来ません。

それでは注文住宅を建てても理想の暮らしはできないと思いました。


妻が立地に関しては強い希望を持っていたので、僕が折れました。

バーベキューは公園でやることにしました。

結果、正解だった



この決断は大正解でした。

なぜなら住む場所は、一度決めたらなかなか変えられないからです。

家の中の不満はリフォームで解決できますが
家を買ったら、よほどのことがない限り引っ越しません。

場所は重要なんです。

f:id:gurikenblog:20161125085059p:plain



ネットエイジアの調査でこんなグラフが存在しますが、

立地で後悔する人が26.6%と上位です。

これは大げさな一例ですが、
同じ駅から徒歩10分でも

・みちのりが平坦で、家と駅との間にスーパーがある

・家に帰るまでに急な坂を登らなくてはいけない

20年、30年住むことを考えると
後者は高齢になったときの負担が心配です。
家から出ることがストレスにもなりかねません。

仮に駅から離れた場所に家を購入し
「素敵な家だから、早起きして30分のバス通勤頑張るぞ!」
と最初は意気込むかもしれませんが、果たして続くでしょうか。

通勤が苦になって、せっかく手に入れたマイホームを手放したくなるかも知れませんよね。

駅から近い好立地の物件となると、やはりマンションに行き着きました。

中古マンションの立地が最高な理由



今では注文住宅のように
新築時にいろいろカスタマイズできる分譲マンションもありますが、
僕らは最初からリノベーション前提で中古マンションを探しました。

自分で全て決めたいから、という理由の他に

大きな要因があります。

中古マンションの方が断然、立地が良いからです。

ちょっと考えてみてください。

皆さんがもし不動産屋で、まっさらな土地があって
「好きなところにマンションを建てて良いよ」と言われたら

当然駅に近い、良いところに建てますよね?

昔に建てられたマンションのほうが、良いところに建っているのは

言ってみれば当たり前なんです。

だって未開拓の時代に、早い者勝ちでいいところから建設していくんですから。

新築マンションというのは、
残り物の土地に建てていくしかない
んです。

そんなやり取りがあり

・駅から徒歩圏内で
・マンションに住むからには、戸建てに出来ない素晴らしい眺望

この2つのスタンスを妥協することなく、物件探しを始めました。

いくつか内覧し、
そして私たちが決めたのは

・築24年
・最寄り駅から徒歩10分
・14階建の12階
・角部屋4LDK 92㎡


眺望抜群のマンションです。

リノベ用物件としては、かなり好条件の物件だったと
いま振り返っても思います。

リノベーションにはどんな物件が最適なのか。

そのあたりについても、お伝えしようと思います。

 

そのまえにこちらもご覧ください。

リノベーション用物件を探す前に、必ずやっておくべき意外なコト

 

▼はじめましてで是非読んで欲しい記事