「パントリー」を作ると、世界が広がる

f:id:gurikenblog:20161203224638j:plain

パントリーとはいわゆる食料庫のことで、キッチンのウォークインクローゼットのようなものです。海外の住宅では必ずと言って良いほど、設置されているそう。我が家ではキッチンの奥にパントリーをつくり、冷蔵庫や電子レンジ、ゴミ箱などもまとめて置いています。

 

f:id:gurikenblog:20161203224805j:plain

パントリーのもたらすメリット 

収納が大幅に増える

言うまでもありませんが、パントリーをつくることで、大容量の収納スペースが確保できます。我が家もカップラーメンや、冷蔵庫に入りきらないペットボトル、お酒やお米にお菓子、レトルト食品に缶詰などストック食品を大量に置いていますが、棚はまだまだ半分以上、余裕があります。
 

キッチンを綺麗に保てる

なにより一番のメリットはキッチンを綺麗に保てることです。十分な収納スペースが確保できれば、キッチンの上に余計なものを置いておく必要がなくなります。分別用のゴミ箱もパントリーに置いておけば、においも気になりませんしね。パントリーを作ることで、キッチンの生活感はかなり消えると思います。
 
 

アイデア次第でパントリーもおしゃれに

f:id:gurikenblog:20161203225121j:plain
逆にこちらは、同じボックスで綺麗に統一感を出していますね。
 
パントリー、おすすめです。 
リノベーションする際には是非、検討してみてはいかがでしょうか。
 

 

この「ぐりぶろぐ」ではリノベーションのいろはを詳しくまとめていますので、よかったら回遊してみてください。

 

合わせて読みたい