ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

ぐりぶろぐ

【家計】家が広くなっても光熱費は上がらなかった

f:id:gurikenblog:20161223104328j:plain

引っ越してからの光熱費はどう?

家が広くなると光熱費が高くなるんじゃないの?と心配される方も多いと思います。
 
今回は50㎡1LDKのときと92㎡4LDKに引っ越してからの光熱費を比較します。

 

比較するのは2015年12月と2016年12月の請求です。

 
ちなみに我が家は
 
共働き夫婦の2人暮らしで、住まいは北海道札幌市。
 
寒い12月は、北海道で1番光熱費がかかる月です。
 

電気代

引っ越し後に大きく変わっているのは
 
・部屋の数が増えている
・食洗機を使用している
 
の2点ですが
 
2015年12月:3466円
2016年12月:3587円
 
結果は121円アップでした。
 
部屋が広くなり、電気の数も増えましたが、
 
あちこちのつけっぱなしがないように注意していれば、
 
そんなに上がらないことが分かりました。
 

ガス灯油代

引っ越し後に大きく変わっているのは
 
・プロパンガスから都市ガスになった。
・お風呂が大きくなったので湯船にお湯をためる回数が多くなった
・キッチンも快適になったので料理する回数も増えた
 
2015年12月:20410円
2016年12月:12312円
 
8098円安くなりました。
 
北海道は冬に灯油ストーブを使用しますが、
 
上記のうち、月7000円程度の灯油代には大差がありませんでした。
 
やはりプロパンガスは高かったんですね。
 
プロパンガスは各家庭に出向いてボンベを運んだり点検したりする必要があるため、人件費が加算されています。価格も各会社が自由に設定できるので、原油価格の高騰や為替の影響などを理由に価格変動が激しいようです。都市ガスに比べて1.7倍高いとも言われています。
 
ガスを使用している量は増えていますが、料金は大幅に減りました。
 
部屋の広さ云々よりも
 
ガスは圧倒的に「都市ガス」が安いことが分かりました。
 
引っ越しする際は(特に住宅を購入するときは)
 
絶対に「都市ガス」ですね。
 

水道代

引っ越し後に変わったことは
 
・お風呂が大きくなったので、お湯をためる回数が増えた
・シャワーやキッチンの蛇口に節水効果があるものを取り付けた
・食洗機を使っている
 
2015年12月(2カ月分請求):5877円
2016年12月(2カ月分請求):5238円
 
639円安くなりました。
 
お風呂に入る回数は増えましたが
 
シャワーなど、節水の設備を使用していることが効いているようです。
 
食洗機も大きな節水効果があるんだと思います。
 
 
 

まとめ

 
電気代  :変わらなかった
ガス灯油代:大幅に安くなった(プロパンから都市ガスになったため)
水道代  :安くなった
 
我が家は引っ越して8616円光熱費が安くなりました。
 
よく「一軒家を購入して光熱費が数万円も高くなった」と言う話を聞きますが、
 
それはオール電化にしたとか、暖房の方法が大きく変わったりすることで起きることだと思います。
 
同じような使い方をしていれば大幅な値上がりはありませんでしたし、
 
新しい設備を入れることで、節約効果がかなりあるようです。
 
参考になれば、幸いです。