ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

ぐりぶろぐ

僕がアマゾンダッシュボタンを押してみるまで 設置方法や使い方は?

f:id:gurikenblog:20170102000312j:plain

「アマゾンダッシュボタン(Amazon Dash Button)」とは  

www.youtube.com

ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単に注文できるという「アマゾンダッシュボタン」。お気に入りの商品が少なくなったらボタンを押すだけで商品を届けてくれる革命的な商品ですね。2016年12月5日のサービス開始からずっと気になっていたので、ようやく、注文してみました。

 

 

f:id:gurikenblog:20170101232113j:plain

 

Dash Buttonとは?

ボタンを「ぽちっ」。お気に入りの商品が少なくなったと気づいたら、ボタンを押すだけで商品をお届けします。Wi-Fiに接続し、iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリからお気に入りの商品を設定するだけ。あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます。新しい買い物スタイルをご体験ください。

 
 

アマゾンダッシュボタンは42種類でスタート 

f:id:gurikenblog:20170101225128j:plain

2017年1月1日現在、42種類のダッシュボタンが販売されています。

飲料

  • サントリー天然水
  • ウィルキンソン
  • ネスカフェ
  • オールフリー
  • エビアン
  • Happy Belly
  • パーフェクトフリー
  • 毎日一杯の青汁
  • カゴメ プレミアムレッド
  • カテキン緑茶

食料

  • フルグラ

日用品

  • エリエール
  • アリエール
  • ファブリーズ
  • アタック
  • ジョイ
  • レノア
  • ジレット
  • キュキュット
  • トップ スーパーナノックス
  • 消臭力
  • システマ
  • シックハイドロ
  • パンテーン
  • ラックス(Lux)
  • ブラウン(BRAUN)
  • シーブリーズ
  • Agデオ24
  • ソフラン
  • uno
  • フィニッシュ
  • ハミング
  • TSUBAKI
  • h&s
  • BRAUNオーラルB
  • 専科
  • マシェリ
  • ライフリー

ペットフード

  • ピュリナ ワン
  • シーバ
2015年3月31日にサービス開始したアメリカでは現在、150種類以上がラインナップ。日本でもさらに増加することが予想されます(2017年6月28日、新たに74種類が追加されました)。全ラインナップはこちらから
合わせて読みたい

 

ちなみに僕が注文した2016年の年末には約半数のダッシュボタンが品切れ中で、商品到着まで6~8週間となっていました。気になる商品は早めにチェックすることをオススメします。
 

注文してみた

僕が注文したのは食洗機用洗剤「フィニッシュ」 のダッシュボタン。

f:id:gurikenblog:20170101231515j:plain

いつも立派な箱で送ってくるAmazonですが、この小さなダッシュボタンは封筒で送ってくれて、不在でもポストに入れてありました。
 

セットアップしてみた

f:id:gurikenblog:20170101231410j:plain

初期設定が必要なので早速セットアップしてみます。
 
箱の中にはダッシュボタン本体と、説明書。
 

f:id:gurikenblog:20170101231753j:plain

スマートフォンでAmazonアプリを開いて設定開始です。
左上のメニューから「アカウントサービス」→Dash端末→新しい端末をセットアップ。あとは画面の指示に従うだけです。wi-fi接続が無事終わるとボタンを押すことでどの商品を買うか選択します。
 

f:id:gurikenblog:20170101232445p:plain

 

 アマゾンダッシュボタンは1つのボタンに1つの商品が固定されているわけではなく、複数の関連商品の中から、自分の好きな物を選ぶことが出来るんです。 商品を選び、住所や決済方法を登録してセットアップ完了。 あとは押すだけ。設定は数分で簡単に終わります。 

 

設置してみた

設置方法は2つ。

  • 同梱されている黒いフックを使用してどこかに引っかける 
  • ボタンの裏に予めついている両面テープを使用してどこかに貼り付ける

どちらかです。

 

押してみた

f:id:gurikenblog:20170101233149j:plain

 

いよいよ、押してみます。

 

「カチッ」

 

もっと置くまでずっぷり押せるのかと思いきや、押し感は思っていたよりも軽めで拍子抜けしました。アマゾンが商品紹介に使っている「ぽちっ」という効果音よりも、「カチッ」が適切ですね。 ボタン横のランプが緑色に点灯すると、無事注文完了。通知をオンにしていれば、スマホの画面に通知が来ます。

 

f:id:gurikenblog:20170101233818p:plain

 

重複注文を防止

商品が届くまではボタンを何度押しても1回分の注文のみです。

 

何度も押すと、このように通知が来ます。

f:id:gurikenblog:20170102000434p:plain

 

意図しない重複注文を防いでくれるので、こどものいたずらが心配な方も安心して使えます。誤った注文はスマホからキャンセルもできます。

 

使ってみた感想

セットアップから注文完了まではとても簡単でした。商品到着までは2、3日。都心であればもっと早いと思います。自宅でボタンを押すだけで注文できるのは、たしかに革命的に便利です。バリエーションが増えれば、使い勝手はさらに良くなりそうです。

 

アマゾンダッシュボタンはプライム会員限定サービス

アマゾンプライム会員は年会費3,900円で映画などが見放題・音楽が聞き放題のプライムビデオ・PrimeMusic、毎月1冊無料のKindleオーナーライブラリーなどが利用できるほか、お急ぎ便、お届け日時指定便が無料で使い放題となるめちゃめちゃお得なサービス。てんこ盛りの特典で、ひと月あたり325円は破格です。

ボタン一つで商品が届くアマゾンダッシュボタンはプライム会員限定のサービスなので、ボタンを利用したい方は是非。金額以上のメリットを感じられるはずです。今なら30日間無料体験も行っています。

公式サイトでチェックする

 

実際に利用してみて、メリット・デメリットが分かったので別エントリーに仕上げています。

 

合わせて読みたい