読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

そんなに辛いなら、人生の円グラフから仕事の支配率を減らせばいい

オピニオン

f:id:gurikenblog:20170209203639j:plain

脳内、仕事に支配されていませんか?

気がついたら仕事のことばかり考えている。
お風呂に入っても予算のことが頭をよぎる。
常に締め切りに追われている。
休日の電話やメールに気分を害する。
 
気がつけば頭の中は仕事のことでいっぱい。
 
こんな人、結構多いと思います。仕事が好きでたまらなくて、それが生き甲斐の人とか、経営者はそれでもいいと思います。
 
もはやそれは趣味の領域だから。
 
でも、そうじゃない人は仕事に支配されて、ため息ばかりついていませんか?
 
かつての僕もそうでした。
でもこの状況、僕は自分自身が作り出していると思います。考え方を変えれば、必ず抜け出せるはずです。
 

僕の昔の脳内

f:id:gurikenblog:20170209203812j:plain

僕は新卒で、かなり激務の部類に入る広告代理店に入社しました。

過労自殺問題でも話題になっているあの会社。

そのときの脳内はこんな感じでした。

f:id:gurikenblog:20170209185331p:plain

 

この時の脳内、半分以上を仕事を占めていました。

寝ても覚めても仕事のことばかり考えていて、今振り返っても

「このときの自分、魅力なかっただろうなー」って思います。

 

毎日深夜まで仕事をして、そこから飲みに連れ出される。

睡眠時間は少ないし、仕事はたまっていく一方。

無数の雑務が降ってきてタスクを抱えたまま家路に就くと、お風呂の中でも仕事のことが頭から離れない。

 

金曜の定時すぎとかに「この資料、月曜朝一に得意先にもっていくから仕上げて」とか言われるから、土日も仕事のことで頭がいっぱい。いつ呼び出しの電話が鳴るかも分からない。日曜13:00くらいからサザエさん症候群になっていました。

 

仕事は「つらい」と「楽しい」が半分半分な感じで、嫌いな会社ではありませんでしたが、僕はこの会社を3年目の初夏に辞めました。

 

一生「仕事」が、自分の人生の大半を占める生活が嫌だったからです。

 

僕のちょっと前までの脳内

転職して新聞記者になりました。

時間も不規則だし、相変わらず一般的には忙しい部類だと思いますが、広告代理店の頃よりは時間もあって人間的な生活が送れています。月の1/3くらい出張で家を空け、妻には寂しい思いをさせていますが「今の方が良い。前の会社の時は休みの日も憂鬱そうだったから」と言われます。

 

転職してからの脳内はこう。でもこれはちょっと前までの脳内です。

f:id:gurikenblog:20170209194951p:plain

転職して、プライベートが仕事の割合を超えました。

プライベートの比重が高くなると、一つの変化が。

有給を取ることをためらわなくなりました。

上司に恵まれているのもあるのかもしれませんが、冠婚葬祭や旅行など、休みたいときにしっかり希望を言えるようになりました(前職の時はそんな余裕もなかった)。

 

でも、これは仕事の負担が減ったことでストレスが減ったから、仕事に支配される割合が減っただけ。転職を考えていない、考えられない人には解決策にはなりません。

 

ブログを始めてからの脳内

3カ月前にブログを初めて、さらに変化が現れました。

f:id:gurikenblog:20170209195725p:plain

毎日ブログのネタを探すようになり、仕事のイヤなことを考える時間が減りました。どうやったらブログを執筆する時間を捻出できるか考えだし、仕事も効率的になりました。

 

僕の会社は評価制度があり、1年の評価によって昇給の額が決まるのですが、その差は微々たるもので評価基準は超あいまい。基本は年功序列ですし、1年頑張っても大した反映されないのであれば、そのエネルギーを仕事に使う必要はないと考えるようになりました(手を抜いているわけではありません)。あと30年務めるわけではないので、普通でいいやと思い始めるようになったのです。

 

それにブログはやっただけ収益に反映されるので。

少額ですが副収入ができはじめたのも、仕事に対する肩の荷が下りた要因かも知れません。会社にしがみつかなくてもお金は稼げることがわかっただけでも、ブログをやってみた意味はありました。

僕はもう会社がつぶれても、泣きわめかないでしょう。

 

ブログのネタにするため、ダイエットも始めた

f:id:gurikenblog:20170209203755j:plain

ブログのネタにするために、セルフライザップを始めました。

自分でできる!ライザップの糖質制限食事メニューと筋トレを徹底解説する

 

f:id:gurikenblog:20170209201126p:plain

 
 さらにプライベートの占める割合が増えました。
家族、友人、ブログ、ダイエット…。仕事意外にも気になることがたくさん増えたことで、自分の人生における仕事の優先順位が下がりました。繰り返しますが仕事の手を抜いているわけではありません。
 
でも、他にも気になることがありすぎて、仕事でイヤなことがあっても、それが脳内の考え事ランキングの最上位まで上がってこなくなったのです。
 

ここでいう僕のブログは〝趣味〟

気がつくとブログが趣味みたいになっているので、こういう脳内円グラフになってきたんだと思います。

 

前の会社の先輩で、最近釣りにドハマりしている人にこの話を振ってみたところ

「仕事の優先順位が下がったから、悩むの減ったわ」

と、欲しい答えを頂きました。

 

仕事以外にも、趣味や副業など、選択肢を持つことで心に余裕が出来るんじゃないでしょうか。僕はまだ子どもがいませんが、こどもが生まれたら、円グラフにおける家族の占める割合がさらに増えるんだと思います。

リノベしてたときは、もう家のことで頭がいっぱいでした。

 ▶平成生まれの僕が、結婚して26歳で住宅購入に踏み切った理由

 

自分の人生における仕事の支配率を減らす

f:id:gurikenblog:20170209203843j:plain

仕事に悩みたくなければ、仕事以外の選択肢をどんどん増やしていくことが解決策だと僕は思います。仕事に悩んでいる人は、人生の円グラフから仕事の占める割合をどんどん減らしていくための作業をしてみてはいかがでしょうか。
 

 頭の中が仕事でいっぱいになるのは、視野の狭いつまんない人だと思います。

 
幅広い視野を持てば、仕事になんか悩まず気持ちも軽くなることを、ブログを始めて気づかされました。
 
以上、初めてのオピニオン記事でした。