【無料】モチベ高いビジネスマンと新米フリーランスはこの本もらっとけ

f:id:gurikenblog:20170307122246j:plain

フリーランスとして個人の力で稼ぎたいとか、ビジネスマンとして結果を出したいとか思っている人は多いと思います。僕は会社員ですが、新聞記者で営業マンではないので、現在数字を追うような仕事はしていません。

ですがブログを初めて、PVや収益の数字を気にするようになった今、改めて「稼ぐ」ための勉強は必要だなぁ、と感じています。

自分の「強み」を生かして稼ぐ

会社員だろうが、フリーランスだろうが、稼ぐためには自分の「強み」を生かすことが大切。一切人見知りしないメンタルおばけの人はインセンティブがつく飛び込み営業マンやったらいいですし、僕は文章を書くのが普段の仕事なのでブログを始めました。ちなみにブログは開始して3カ月で月10万円の収益が出ました。

ブログ開始100日で月間12万PV収益10万円達成。心がけた4つのこと - ぐりぶろぐ

 

ブログのノウハウ(検索上位に来ることや、長くサイトに居てもらえるデザイン)はもちろん勉強しましたが、収益を生むためにビジネスについてもちょっと学びました。そこで役にたったのがこの本。

 

インターネットビジネスマニフェスト

f:id:gurikenblog:20170307121522j:plain

ダイレクト出版という一部で話題の、あまり聞き慣れない出版社が発行している「インターネットビジネスマニフェスト」。グーグルやマイクロソフト、ヤフーのコンサル業務も請け負う、リッチ・シェフレンという有名人が書いたアメリカのベストセラーです。

情報過多の社会の中でいろんなチャンスを追うのではなく、しっかり自分の「強み」を把握した上で、戦略的にそこに注力するとそれは一気に競争で優位に立てますよ~。ということを軸に、ビジネスで成功するためのマインドが書かれています。

起業家やインターネットで稼ぎたい人はもちろんですが、ビジネスマンにも通ずるマインド。ノウハウ好きな人や、自己啓発本好きにもハマる一冊だと思います。

 

その定価2,980円もする本が、いま無料で配布されています(送料550円だけ自己負担)

 

公式サイトはこちら

 

ダイレクト出版って?

ダイレクト出版の本は書店では並んでいません。Amazonでも楽天koboでも売っていません。主にインターネット広告やWEBマーケティングに強みをもった会社で、米国のベストセラーを翻訳して自社で出版しています。本のラインナップを見ていると、「あ~広告代理店にいた前職の時に読んでおきたかった!」という本が多い印象。ちょっと難しそうで、興味深い本が揃っています。

書籍の販売以外に、オンラインセミナーやビジネススクールに注力しており、「知識」を扱う会社とアピールしています。

無料って怪しくない?

とはいえ、無料で本を配るのは怪しすぎない? 宗教かなにか? 洗脳されない? タダより高いものはないよ!! と、少し怪しい感じがありますね。

ブログを始めて以降、「失敗してもネタになる」マインドになってきて、そういうものに積極的に手を出しているので、今回はこの仕組みを暴きます。

 

実際に無料購入してみた

ということで、実際に無料購入してみました。

f:id:gurikenblog:20170307114145p:plain

住所やメールアドレスなど、本をもらうために必要な個人情報を入力し、送料550円を支払うためにクレジットカード番号を入力(代引きも選べる)。すると「ありがとうございます」の文字とともにこんな画面になりました。

 

f:id:gurikenblog:20170307114332p:plain

頼んでないウェブセミナーがついてきました。僕は本が読みたかっただけなのでスルーしましたが、調べるとセミナーを実際に見た人のレビューはおおむね高評価。「これで十分送料の元とった」という意見も多かったです。リッチがしゃべって同時通訳してくれる形式で2時間くらいの大ボリューム。

 

さらに本日ウェブセミナーを見た方へプレゼント!として

月額4,700円の会員制プログラム参加者に配布される限定レポートが無料でもらえるそう。ダイレクト出版、どんどん無料でバラまきます。

 

そんで、最後にオンラインコーチングプログラムの販売画面が。

合計588,600のコースが今なら199,800円で!

との販売画面に移るんです。

ちなみにまだ注文しただけで、無料本も届いていない段階です。

 

ダイレクト出版のビジネスモデルはこの仕組み

ダイレクト出版が無料でも本を配っているのはこのビジネスモデルが確立しているから。とにかくヒントを得たい起業家が心酔して高額なセミナーを受講することで収益が成り立っています。実際に本の内容に感銘を受けた経営者らが一定数セミナーを受講している様子。

ダイレクト出版にとって書籍はツールで、セミナーやビジネススクールが生業の中核ということです。1つ1つの成約単価が高いため、高品質の本もテストマーケティングとして無料で配布できる構造になっています。

 

ちなみに無料で買った人をだまそうとしているわけでもなく、無料で配布している理由をこのようにちゃんと記しています。

なぜ、2,980円(税抜)で実際に販売していた書籍「マニフェスト」をあなたに無料でプレゼントするのでしょうか?それには理由が2つあります。

1つ目の理由:
私たちは、起業家向けのオンライン講座やセミナーを販売しています。そこで「マニフェスト」を無料でプレゼントし、実際に効果を感じてもらえれば、10人に1人くらいはそれに興味を持ってもらうことができるんじゃないかという、テストマーケティングを実施しているからです。

2つ目の理由:
単純にリッチ・シェフレンのビジネス構築に関する革新的な考え方を、才能があるにも関わらず、正しいビジネス構築の仕方を知らないばかりに苦しんでいる、あなたのような日本の起業家に伝えたかったからです。

 

このダイレクト出版、

「今日だけの特典!」とか

「このページは一回しか表示されません!」とか

「こちらの商品もいかがですか?」とか

いわゆる「アップセル」という販売手法であおってきます。これはマクドナルドでも使われている手法で「ポテトはいかが?」「お飲み物はどういたしますか」と言うだけで一定数が購入するので客単価が上がるというもの。言うだけなんだから必ず言っとけよ。という販売手法です。多くの企業で取り入れられています。

ダイレクト出版はこういう商売の決まり事を徹底してやってきます。まぁ、そういうビジネスのノウハウを売っている会社なので当然と言えば当然です。

 

タダでもらえる物はもらっておけばいい

向こうは向こうのビジネスモデルで商売をしてきますが、高額セミナーには縁がない僕の様な人はスルーしておけば良いだけですね。怪しい勧誘もしつこい勧誘も今のところ来ていません。1日1回メルマガが来るくらい(イヤな人は捨てアドを作ると良いです)。それでこの本がもらえるなら、ありがとうございます!という感じ。

 

肝心の「インターネットビジネスマニフェスト」は内容が濃くかなり面白かったので、定価くらいの価値は十分にあるなと思います。本屋に売っていてもおそらく手に取らなかった本ですが、タダに食いついて正解でした。

 

無料ということを考えると、僕にとっては得しかない本でした。結果も出ているし! ちなみに無料キャンペーンは不定期で行われているので、興味がある人はタダでもらえるうちにもらっておくことをオススメします!

 

公式サイトはこちら