ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

ぐりぶろぐ

ブログの目的は「金稼ぎ」。それ以外あるの?きれい事いるの?

f:id:gurikenblog:20170413124002j:plain

こんにちは。ぐりけんです。

副収入得るためにブログ書いています。

目的はそれ以上でも、それ以下でもありません。

 

合わせて読みたい

 

「きれい事」いるの?

「アフィリエイト」って言葉にまだなんとなーく嫌悪感を覚える人がいるのは重々承知しています。僕はもともと広告代理店に務めていたので、そのあたり抵抗なく始められたのかも知れませんが、そうじゃない人がいるのもわかります。だからってそれを隠す「きれい事」、必要ですか?

 

よく人のブログを見ていると「僕はこのブログで20代の新しい働き方を発信します!」とか、「ブログで●●な人に勇気を与えられたら」とか、無理矢理ブログの「意義」みたいのつける人いますが、これってよくないと思うんです。「あー、はいはい」ってなります。そういう人に限って、だいたいアドセンスちゃんと貼ってるし。言ってることとやってることがズレているときって簡単に分かります。

 

「アフィリエイト」って、成果に対する対価なわけだから。別にだましてリンク踏ませてるワケじゃないし。実際に読者が知りたいこと、もしくは知らなかったものをオススメして「あっ、いいな」と思われるから登録されたり、買われたりするものだから。

 

「アフィリエイト」が煙たがられるから、そのもっともらしい意義みたいなやつで「金稼ぎ」という目的をボヤッとさせたって、たぶん収益は発生しないですよ。それは広告を踏む動機や、購買意欲を高める理由にはならない。

 

「きれい事」よりも「きれいな記事」

そんなことするくらいだったら、「きれい」にアフィリエイト記事を作り込んで、読者にとって有益な記事にするほうがよっぽど良い。その方が絶対に収益は発生する。もっともらしいこと言ってたって逆にうさんくさいだけですね。

 

A「私はこんないい人ですよ~、ホレホレ、だからこの広告踏んでね~」

 

B「これは広告だけど、みんな知らないと思う! 実際に使ったらマジ良かったからすすめるよ。あなたにとっては得しかないよ、オレに収益は入るけどね」

 

うわべだけのAよりも、Bのほうが信頼を積み上げたときの収益は安定する。Bさんが勧めてるんだったらってなるから。

 

A:きれい事言っているのに結局は金稼ぎかい

B:金稼ぎらしいけど、良い情報くれるわ

 

Bのように思われた方がいいよ。

 

「選りすぐりの情報」で信頼を積み重ねる必要があるから、アフィリエイトで貼るものは厳選する必要があるけども。割り切る代わりに、有益な情報しか出さない。そう決めている。

長くアフィリエイトで収益を生みたいなら、割り切って後者の方が絶対収益でる。

 

普通に考えたら、そうでしょ。

 

合わせて読みたい