「1日3時間以上ある夫」は家事も低収入も言い訳できない時代

f:id:gurikenblog:20170816105242j:plain

ぐりけん(@gurikenblog)です。

会社員しながらブログを書いています。おかげでトータル収入は1年前の2倍。

家事も積極的に手伝う「いい夫」です。

僕の生活スタイル

  • 7:30 起床
  • 8:00 妻を車で最寄り駅まで送迎
  • 8:30 食洗機、洗濯乾燥機のスイッチを押す
  • 8:45 ブログ作業開始
  • 11:15 軽めのトレーニング(腕立て、腹筋)
  • 11:30 身支度
  • 12:00 ルンバのスイッチを押して出勤
  • 24:30 帰宅
  • 25:30 就寝

 まあ、出社も遅いのでかなり普通のサラリーマンとはかけ離れていますが、僕は朝の3時間で家事も複業のブログ作業も全て行なっています。

 

1日3時間あれば、もはや言い訳できない時代

3時間あれば

  • 食器洗い(食洗機)
  • 洗濯(洗濯乾燥機)
  • 掃除機(ルンバ)

の家事は旦那が担当できます。

それにブログ・アフィリエイトで本業以外の収入を生み出すことが可能です。

 

繰り返しますが、これらは1日3時間あればできることです。

「それは午後出社だからできるんでしょ?」ではなく、21時に家にいる人なら24時まで3時間あるんだからできるはずです。

 

低収入で家事手伝わない旦那とかクソでしかない

大した稼ぎもないのに、家事も手伝わずに帰ってきたらソファーでゴロゴロ。今の時代、こんな旦那マジでクソです。「給料が少ない」と会社に文句を言うくらいなら、サッサと定時退社して副業始めてください。

繰り返しますが、1日3時間あれば家事も手伝えるし、収入だって増やせます。今の時代、雇われる以外にお金を稼ぐ方法はいくらでも存在します。努力が足りないだけです。

 

でも残業が…

「残業で毎日24時帰りだから、そんなことできない!」という人には無理でしょう。それで残業代をきっちり貰えるのなら、それでいいと思います。体を壊さない程度に頑張ってください。

 

でも、サービス残業している人は違います。

今すぐ定時退社して奥さんの家事を手伝い、副業始めてください。その残業はあなたにとってマイナスでしかありません。

「定時退社なんかしたら、上司や同僚の目が怖い。会社にいられなくなる」とかいう人は、日常の自分の仕事ぶりを見つめ直した方がいいです。9:00-17:00の間にまともな仕事をしていれば、いつでもちゅうちょなく帰れるはず。

定時退社も認められないような人が残業していたって、会社にとっても悪でしかありません。

 

 1日3時間作る努力を

生活を変えたければ、まず「1日3時間作る努力」から始めてみるといいと思います。

その3時間で何をするか。たった1年で人生は変わります。