はじめての仮想通貨。ビットコインやリップルの買い方を丁寧に解説

f:id:gurikenblog:20170626205343p:plain

こんにちは、ぐりけん(@gurikenblog)です。最近、ビットコインビットコインと世間がうるさいので「ちょっと気になるなー」なんて人も多いかと思います。僕もその一人。そんな中、ブログで得たお金を仮想通貨に突っ込んでみたので、今回は仮想通貨の買い方についてまとめてみようと思います。

 仮想通貨って?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

引用:仮想通貨とは

仮想通貨の種類は600種類以上あると言われていると言われており、最もシェアを持つものがビットコイン。その他の仮想通貨のことを総称してアルトコインと呼びます。イーサリアム、リップル、ネムなどがアルトコインの代表的なものです。ビットコインだけでなく、アルトコインも購入することが出来ます。

 

f:id:gurikenblog:20170626195736p:plain

 

また仮想通貨には円やドルのように実際の紙幣や硬貨がありません。仮想ですからね。オンラインゲームの課金マネーのようなものと考えてもらえるとわかりやすいかと思います。

 

現状、仮想通貨の価値はかなり不安定。何百倍になることもあれば、一気に価値がなくなることだってあります。ビットコインよりハイリスクハイリターンなものがアルトコイン。最初は余剰資金で買ってみることをオススメします。

 

▼ちなみにビットコインのことを詳しく勉強したいなら、これ1冊でOK。帯にあるとおり「これでわからなかったらごめんなさい」レベルの解説です。僕も早速買ってみましたが安全性や法整備のことまで書いてあってオススメ。

 

ビットコインっていくらから買えるの?

2017年7月5日現在、1BTCは300,000円前後を推移しています。「ビットコインを買うには30万円ないとだめなの?」というとそうではありません。0.01BTC単位でもビットコインは買うことが出来るので、「3,000円だけ買ってみよう」というように、気軽に購入することが可能です。

 

※2017年9月1日追記:1BTCは500,000円を突破しました。2カ月足らずで2倍近く跳ね上がっています。

 

仮想通貨はどこで買える?

仮想通貨は「ビットフライヤー」や「コインチェック」といったビットコイン取引所でオンライン購入することが出来ます。仮想通貨は365日24時間取引できるのが特徴。日本での取引量が一位のビットフライヤーではビットコインとイーサリアムが購入可能で、コインチェックではリップルやネムなども含め、ビットコインの他に11のアルトコインの売買が可能です。

 

ビットフライヤー

日本での取引量が最も多いのがビットフライヤーです。ここではビットコインと、アルトコインのイーサリアムの2種類を売買することが出来ます。

f:id:gurikenblog:20170626201835p:plain

登録はメールアドレスもしくはfacebook認証で簡単。その後、本人情報の登録、本人確認資料の提出(ウェブで写真提出)、転送不要書留郵便の受け取りを経て、取引を開始できます。

 

▼公式サイトをチェックする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

coincheck

coincheckの特徴は、ビットコインの他にも購入できるアルトコインが豊富なことです。

f:id:gurikenblog:20170809105102p:plain

 coincheck

イーサリアム、イーサクラシック、リスク、オーガー、リップル、ネムなどなど…。なんか見ているだけで楽しいですね。

 

f:id:gurikenblog:20170626202825p:plain

登録はメールアドレスかfacebook認証。本人確認、はがきでの住所確認が終了すると取引ができるようになるのは、ビットフライヤーと同様です。

 

▼公式サイトをチェックする

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨はすぐに買えるの?

仮想通貨を買うのは、実は意外と手間がかかります。購入の前に一度取引所に入金する必要があるからです。

ビットフライヤーですぐに取引をしたい場合(クイック入金)は

  • インターネットバンキングからの入金
  • 楽天銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行からの入金
  • 銀行ATMからの入金
  • コンビニからの入金(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマート)

銀行振込の場合は、反映まで1営業日かかってしまいます。

 

coincheckですぐに取引をしたい場合(クイック入金)は

コインチェックはクイック入金機能が7月3日から復活。24時間365日、パソコン・スマホ、ATMから入金が可能になり、利便性が増しました。その他の方法としては

  • コンビニからの入金(ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマート)

銀行振り込みの場合は、同様に反映まで1営業日かかります。

 

クレジットカードでの購入も出来ますが、その場合レートが割高になってしまい、購入後 1 週間、売却、送付等の手続きが出来ないデメリットもあるのでオススメ出来ません。

 

仮想通貨を買いたいなら、出来るときに口座開設しておこう

仮想通貨に興味があるなら、暇なときに、早めに口座開設をしておくことをオススメします。会員登録から郵便での住所確認まで2-3日、さらに入金して実際に購入可能になるまでのタイムラグもあります。「あっ、ビットコイン値段落ちてる~!」って思ったときに買えないなんてことになったらもったいないですよね。僕もそんな感じで一度チャンスを逃しました。思い立ったが吉日。仮想通貨、ビットコインに興味がある方は早めの口座開設をオススメします。

  

bitflyerとcoincheckはどっちがいい?

個人的なオススメは使い勝手の良さから断然coincheckです。購入可能な銘柄が多く、何よりチャートがとても見やすいです。僕はどちらも利用していますが、アルトコインも買っているのでcoincheckがメインになっています。 

 

公式サイトはこちら

 coincheck

 

▼関連記事

離婚して養育費払っている人が、仮想通貨リップルに第2の人生託した話