ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

ぐりぶろぐ

ブログのおかげで「いつでも子ども作れる」ようになった

f:id:gurikenblog:20170612115312j:plain

こんにちは、ぐりけん(@gurikenblog)です。

結婚しています。僕は27歳、妻は26歳。共働きで子どもはまだいません。そもそもうちはまだ妊活というものをしておりません。出産より先に住宅購入を選んだので、ローンもあって、たぶん妻が仕事を辞めると家計はカツカツになるからです。

  

もちろん、見切り発車で数千万の住宅ローンを借りた訳じゃありません。中古マンションをフルリノベーションして、自分で言っちゃうけどめちゃめちゃ素敵な家で暮らしています(写真はこちら)。家を買うことで、こんなに幸せになるかってくらい、毎日充実しています。休日も家に居たい。買って良かったと思います。

 

家計に関しては自分だけの稼ぎでも、やってやれないことはないです。でも年に何回も旅行に行きたいし、飲みに行くのも我慢したくないし、ご飯作るの面倒だなと思ったら気にせず外食したい。それでいて資産もしっかり形成したい。そういう生活をするなら、1馬力じゃむずかしいな、という話です。

 

もちろん、保育園に預けてすぐに共働きするという選択肢もあります。でも、待機児童問題とかもあるし。預けられる保証はどこにもないから。預けられなかったらどうするの?ってなりますよね。

 

そんなようなことを総合して「まだ子ども産めないよね。俺一人の稼ぎじゃ苦しくなるから」。これが半年前までの話です。

 

2016年11月にブログでアフィリエイトを始めました

2016年11月にブログでアフィリエイトを始めました。そして半年後の5月にはアフィリエイト収益が妻の月収を超えました。つまり僕一人で2馬力になりました。

 

過去にはこんなエントリーで「一人で2倍稼ぐ!」って宣言していましたが、おかげさまで実現しました。

保育園入れないからブログ始めた。待機児童問題は副業で解決する

 

でも半年間はかなり本気出したと思う。妻とは基本的に休みが被らないので休みの日はほとんどパソコンに向かってブログ書いていたし、アフィリエイトのこともかなり勉強しました。たぶん頭の中ブログのことしかなかったと思う。でもたった半年。27歳の180日をがっつり捧げたら、ここまで来れました。「いきなりブログなんか始めてどうした?」って言われたけど、気にせず続けてきて良かった。

 

半年前までの家計全体の収入を、僕一人で稼げるようになった今、「子どもをまだ作らない理由」がなくなりました。妻はまだ働きたいと言っているし、二人であちこち旅行もしたいから、まだ妊活はしていません。でも「もういつでも子ども出来ていいな」って思えるようになりました。

 

新しい命の誕生というハッピーなイベントに、マイナスな考えは1ミリも入れたくないんです。「お金、やっていけるかな?」とか「あれこれ我慢しなきゃならなくなるな」とか「保育園預けられるかな」とか。これで、余計なことを考えなくてすみます。

 

「 現状に満足しなかった」から良かった

「1人分の稼ぎでやりくりする」のも「保育園に預けて共働きする」のも、いってみれば現状維持。何も努力が発生していない。

現状維持は退化なりってよくいうけど、本当そう。前者は生活が苦しくなるし、後者も子育てを満足にできないデメリットがあります。やはりどこかにしわ寄せが来るわけです。そんなの嫌。

 

でも幸いなことに僕はこのタイミングで「自分が2人分稼げばいいね」って思えて。そんで本気出して、2馬力になりました。(刺激を受けたのはこの本!みたいなアフィリエイトはありません、残念!)

 

副業とか複業とかっていうのがどんどん推奨されていく時代に、現状維持は置いていかれます。稼ぎがあって会社からの給料だけで家族を養える人には関係ないと思うけど、うちは恥ずかしながらそうじゃなかったので。稼ぎが少ないなら転職でも復業でもなんでも始めてみればいいと思います。

 

その選択肢としてブログアフィリエイトは大アリです。状況を変えられるのは、自分しかいません。

 

合わせて読みたい