糖質制限1カ月で、一度ラーメン屋に特攻して良かった話

f:id:gurikenblog:20170225204539j:plain

セルフ・ライザップやってます

  1. 出張年間100日以上
  2. その間全て外食
  3. 飲み会ほぼ毎週
ボディメイクには相当な悪環境ですが、食事制限と適度な筋トレでセルフ・ライザップやっています。

自分でできる!ライザップの糖質制限食事メニューと筋トレを徹底解説する

 

1/27からセルフ・ライザップを開始し、まずは約1カ月で5キロ痩せました。これからは糖質制限を緩めていこうと思い、1カ月ぶりに炭水化物を摂取しにラーメン屋に行きました。そこで気づいたことがあるので、今回のエントリーはその辺を。

【ライザップ】糖質制限ダイエット1カ月で-5kgの効果。体の変化やデメリットは?

ライザップの糖質制限

RIZAP流の食事のルールは下記の通りです。
  • 糖質をカットする
  • お腹いっぱいタンパク質を食べて、筋肉をキープする
  • 間食はOK。むしろ空腹の状態を作らない
  • 食事ボリュームは 昼>朝>夜
糖質は3食で60g以下を徹底します。なので1食糖質20g以下。
糖質制限の中でも厳しめの、いわゆるスーパー糖質制限です。
 
開始1ヶ月は導入期ということで上記を徹底していましたが、徐々に主食を解禁。まずは昼だけOKということでラーメン屋に行くことにしました。
 

1カ月ぶりのラーメン、前夜の心境

いよいよ約1カ月ぶりのラーメンです。
前日から妻と意気込み「明日はあそこのラーメン屋に行こうね!」と決めました。
 
しかし前夜、ベッドに入る僕の脳内は「やったー!ついに解禁!ついにラーメン!!」とはならず、むしろ「本当に食べて良いの?死なないかな?」と、モヤモヤ。
 
喜びよりも、罪悪感が勝りました。
まるで結婚前夜、「マリッジブルー」の女子みたい。
 

主食抜きが習慣になっていた

この一ヶ月、本当に糖質制限を徹底していました。最初の「米食べたいな~」「ラーメン食べたいな~」を乗り越え、いつしか糖質抜きの生活が苦ではなくなっていました。そして面白いように体重が落ちることに、快感すら覚えていました。

 

だからこそ、ここで糖質制限を緩めることに不安を感じてしまったのです。

 

糖質制限が招く〝ダイエットハイ〟

糖質を取らなくなると目に見えて体重が落ちます。それでダイエットが辞められなくなり、一種の拒食症のような症状が見えてきても痩せている喜びが勝ってしまう。それが〝ダイエットハイ〟。糖質制限はダイエット効果著しいですが、この〝ダイエットハイ〟に陥る危険性も十分に秘めているので注意が必要です。体重を落とすことにこだわりすぎると、健康に悪影響が出てしまいます。

 

ラーメン屋行ってきた

罪悪感に駆られながらも「とりあえず頑張ったご褒美だ!」と思って行ってきました、ラーメン屋。塩ラーメンを注文です。

f:id:gurikenblog:20170225201838j:plain

ちなみに僕が今バイブルにしている「即やせる!糖質量ハンドブック」によると、一般的な塩ラーメンの糖質は64.1g。スーパー糖質制限時の1日の糖質量をこれだけでオーバーする糖質爆弾です。あー怖い!

 

塩ラーメンが来た

f:id:gurikenblog:20170225201922j:plain

 

いよいよ来ました。

ダイエット前同様、美味いです。

 

「うわーこれだよ!これ!食べたかったのは!!!!!」

 

 みたいな高揚感はなく。

 

罪悪感と喜びの狭間の複雑な心境のまま、ゆっくり味わいながら麺をすすりました。

 

そして、残しちゃいました。

f:id:gurikenblog:20170225202145j:plain

 

まだ糖質への恐怖感があった

糖質をとったらこれまでの努力が台無しじゃないかと、まだ恐怖があり、少し残してしまいました。でも健康的な生活をするために、たぶん食べた方が良いですね。

これから炭水化物を意識的に慣らしていこうと思います。

糖質制限後は、主食を摂るのにもリハビリが必要そう。そんなことに気づきました。

 

ちなみにラーメンを食べた翌朝の体重は、前日よりも0.3kg減でした。

 

 スーパー糖質制限は期限を決めた方が良い

ライザップのように糖質を出来る限り排除するきつめの糖質制限は期限を決めた方が良いです。のめり込みすぎると〝ダイエットハイ〟に陥ってしまう危険性があるからです。今回僕は1カ月やりましたが、この辺がちょうど良いくらい。あまり長くやりすぎると弊害も出てきます。

 

糖質制限をする人は、のめり込みすぎず、期限を決めて行ってみるといいと思います。

 

でも、1カ月で効果は抜群。やってみる価値はあります!

 

 

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)

 

 ▼オススメのライザップ本

 

 

 

 
▼糖質制限・ライザップについての記事はこちら