読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

【2017最新版】アウトドア派は長野県小谷村にふるさと納税!返礼品が秀逸!

f:id:gurikenblog:20170405105139j:plain

こんにちは、ぐりけんです。2017年度ですね。

ふるさと納税は1年通して出来ますが、年度が替わった4月は多くの市町村で返礼品のリニューアルが行われるため、人気の返礼品をゲットしやすい月なんです。

今回紹介するのはアウトドア天国「長野県小谷村」へのふるさと納税。スキーやキャンプなど、ソトアソビ好きが絶対シビレる返礼品を紹介します。

今更聞けない「ふるさと納税」って?

その前に一応、おさらいしましょう。

ふるさと納税」は、年収200万円以上なら誰でも出来る節税法で、全国の自治体に寄付をしたお礼として、地域の特産品や特典を受け取れる制度です。一定の範囲内の寄付であれば、そのほぼ全額が税金から控除されて節税できる仕組み。実質2,000円で地方の高級グルメや、温泉宿泊券など豪華な返礼品を楽しむことが出来ます。

 

合わせて読みたい

↑ 3分頂ければ、上記のエントリーで100%理解できると思います。

 

今回使うのは「ふるなび」

今回はふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」を利用します。

さとふる 」など、ふるさと納税ポータルサイトはいくつか存在しますが、それぞれのサイトで扱っている市町村が異なるので注意が必要。あそこのサイトにはあったのに、こっちでは扱っていないということがたくさんあります。なかでも「ふるなび」は高級家電を返礼品に扱う長野県伊那市をはじめ、他サイトで扱わない人気返礼品を多数掲載しているのでオススメです。

ふるなびグルメポイント」 という独自のポイントサービスを行っているのも魅力です。寄付金額の半額相当のポイントを有効期限なしで発行してくれて、主要都市の有名飲食店で利用することが出来ます。

長野県小谷村って?

f:id:gurikenblog:20170405110437j:plain

長野県小谷村(おたりむら)は「特別豪雪地帯」で大規模スキー場を多く抱える、人口約2,800人の小さな村。白馬村と隣接していて、冬には多くのスキー客でにぎわいます。そんな村がアウトドア好きにはたまらない、とっても素敵な返礼品を出しています。

 

小谷村の返礼品

1.コールマンオンラインポイント

f:id:gurikenblog:20170405104134j:plain

 

小谷村は納税金額の半額をコールマンオンラインショップで使えるポイントで返礼してくれるんです。10,000円、20,000円、30,000円、50,000円、100,000円、200,000円、300,000円、500,000円の単位で寄付が可能で、その半額がオンラインポイントとしてバックされます。テントやバーベキューコンロなど、「コールマン」のアウトドアギアーを実質負担2,000円でゲット出来るのです。太っ腹!

 

公式サイト

 

 2.モンベルポイントバウチャー

f:id:gurikenblog:20170405105139j:plain

コールマンだけではありません。「mont・bell」も納税額の半額をポイント還元してくれます。こちらは11,000円(これのみ半額以下の5,000ポイント)、30,000円、60,000円、80,000円、100,000円、150,000円、300,000円、500,000円の単位で寄付が可能です。「mont・bell」のウェアを身につけて、小谷村に遊びに来てください、という趣旨みたい。

 

公式サイト

 

3.ほかにもたくさん

f:id:gurikenblog:20170405105837j:plain

近隣にお住まいの方は 30万円の寄付で白馬村・小谷村・大町市の10スキー場共通のシーズン券がもらえるという返礼品もオススメ。小谷村に遊びに行ってみたいという人には、寄付金額の半額を宿泊補助券としてバックしてくれるのもあります。

 

まとめ

アウトドア好きなら、実質2,000円負担でオトクにギアーを手に入れられる長野県小谷村へのふるさと納税を使わない手はありません!!! 今年もオトクにソトアソビを満喫しましょう!

 

公式サイト

 

ふるさと納税ってなに?