副業していることを会社の先輩に言っています

f:id:gurikenblog:20170901101304j:plain

僕は会社の近しい先輩に、給与と同じくらいのブログ収入があることを話しています。

 

そもそも僕の会社は副業禁止ではないので問題ないんですけど、僕が会社の人たちにブログ収入を隠さないのは、別のところに理由があります。

 

僕が副業していることを言うのは「いい加減な仕事をしないため」

 

僕が副業していることを先輩にわざわざ言うのは、自分自身が無責任な仕事をしないためです。

 

副業をしていることを明かす以上、いい加減な仕事をした時点で「最近あいつはブログに夢中で仕事をちゃんとしていない」と不満が出るのは目に見えていますからね。そうならないよう、自分の仕事に責任を持つために副収入の存在を話しています。

 

他に収入があるから会社に依存しなくていい=仕事を一生懸命やらなくていいではないと僕は思っていて、自分自身を追い込むためにあえておおっぴらにしています。

 

ブログを始めてから、今まで以上に効率的に成果を出すことに集中していますし、メリハリが効いて仕事にも好影響が出ています。それに自分で会社からもらう給与と同じレベルのお金を作れるって言うのは、人間として一目置かれますしね。

 

僕は日々仕事で原稿を書いた上で、さらにブログを書いてます。執筆量は他の記者の2倍。本業のスキル向上にもなりますから、そもそも良いことしかないんです。

 

もちろん禁止規定があるなら余計なことは言わない方がいいと思いますけどね。少なくとも僕は会社にバレるとかバレないとか、そういうことを気にしながらブログを書いていません。

 

全てのことを、全てのプラスにする。

 

これが僕の複業スタンスです。