LINE友だち「100人」のススメ

f:id:gurikenblog:20170501194033j:plain

どうも、ぐりけん(@gurikenblog)です。

先日、断捨離のエントリーを書きましたが、今回は人間関係の「断捨離」について。

なんか人間関係を断つみたいで聞こえが悪いですが、最近まわりの友人たちに提唱していることがあります。

それは、LINE友だちリストを「100人」にするということ。

誤解を解きながら、順を追って説明させてください。

 

 

日常的に連絡を取る人間が何人いるのか問題

LINEって、僕はたぶん普通に使っていると4~500人くらい友だちがいるはずなんですけど、常に「友だちリスト」には「100人」しか表示していません。それ以外の300人以上の人たちは非表示リストに入れています。

 

だって日常的に連絡を取り合う人って、400人もいないから。

もし「いやいや、400人全員と連絡とるし!」っていう人がいるなら、その人はマルチ商法やっている人です。アムウェイです。

 

非表示リストに入れているからって、別に嫌いでもなんでもないです。「ブロック」ではないです。

よく連絡を取り合う友だちだけをリストに残しておけば、簡単に探すことが出来ますからね。 

 

例えば

  • 連絡先は知っているけど、結婚式には呼ばないくらいの仲の中学の同級生とか
  • なぜか連絡先を知っている高校の先生とか
  • 合コンの流れで連絡先を交換した顔も覚えていない女子とか
  • 大学の新歓コンパで入部させようとした後輩とか

こんな連絡先は全て非表示です。だって日常的に使わないでしょ。

 

んでもって1人追加されたら、1人非表示。

1着新しい服買ったら、1着捨てるのと同じですね。

 

「非表示」の仕方

非表示にはiphoneなら左スワイプで、Androidなら長押しで簡単にすることができます。LINEの非表示機能はブロックとは違って、ちゃんと相手のメッセージは届きますし、「友だち」のままです。

連絡を取りたいときには少し手間がかかりますが、非表示リストから簡単にリストへ戻すことが出来ます。そういう人と連絡を取る時ってよっぽどのときなんで、それくらいの手間は問題ないです。

 

なんで「非表示」にするのか

単純に「仲のいい人とスムーズに連絡を取りたいから」

理由はこれだけです。友だちリストを「お気に入り」くらいの感覚で使いたいからです。僕は「好きな人とだけ楽しい時間を過ごしたい」タイプの人間なので。

 

▼普段からこんな考えです。

「あいつ嫌い」の感情を消す、たった一つの方法

 

LINE友だち「100人」のススメ

実際のところ「100人」でも多いくらいですが、とにもかくにも非表示リストの有効活用はオススメです。自分の人間関係を適度に見つめ直すことが出来ますよ。

「友だち100人計画」

是非、やってみてください。

 

▼本当の断捨離記事はこっち

ミニマリストになりたい人におすすめのスーパー断捨離方法9選