みんな桃鉄では収益物件買うのに、なんで現実世界で投資しないの?

f:id:gurikenblog:20170418163656j:plain

引用:桃太郎電鉄 公式サイト

こんにちは、ぐりけん(@gurikenblog)です。

最近一番したいことは、投資です。そのためにせっせと小金を稼いで貯めているわけですが、回りに投資している人があんまりいない(いても言わないのかもしれないけど)ので、いかんせん情報がありません。とりあえず今はお金の本を読んで勉強しているところです。副業ブログで得たお金は投資に回そうと思っています。

投資のことを考えていて、ふと「桃鉄」を思い出した

「投資」のことを考えていたら、頭に「桃鉄」が浮かんできました。

「桃太郎電鉄」シリーズ。 通称〝桃鉄〟。

サイコロを振って目的地を目指し、最初に目的地に着くと大金がもらえるボードゲーム式のテレビゲーム。道中は青マスでお金がもらえて、赤マスでお金が取られる。黄色マスはカードがもらえる国民的ゲームですね。

 

プレーしたことがある人は分かると思いますが、桃鉄ではお金が貯まるとみな収益物件を買いますよね。物件を買うと、3月の決算期に収益率に応じたバックがもらえるからです。

 

まれに物件を一切買わず、青マスばかり目指して貯金しまくるプレイヤーがいますが、こういう人たちが勝つことは稀です。プレー年数が長くなれば長くなるほど、〝貯金プレイヤー〟の勝率は低くなります。たくさん収益物件に投資した人がだいたい勝利を収めます。

子どもの頃に無意識で学んでいたことを忘れていた

そうです。我々日本人は子どもの頃、お金の仕組みを無意識のうちに「桃鉄」で勉強していたのです。貯金ばっかりしていても、勝ち組にはなれないことを。お金に働いてもらった方が、長い目で見たときにお金持ちになれることを。

その大事な感覚を、みんなゲームで学んでいたはずなのです。でもどうでしょう。お金を銀行に預けているだけの人が多いこと。これまでの僕もその一人ですね。

 

投資は若いうちに始めるべき

桃鉄でプレー年数が長くなればなるほど、勝者と敗者の差が開くのと同じように、現実世界でも早くに投資を始めた人が勝つのは目に見えています。特に「複利」の力を利用する投資は始めるのが速ければ速いほどいいです。

 

投資の勉強と平行して、最近とりあえず投資信託を始めました。買い始めたのはまとまった軍資金がなくても出来る積立型の投資信託。

セゾン投信 の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 」です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド は、全米No.1のシェアを誇るインデックスファンド、バンガードに投資をするファンドオブファンズ。世界30カ国以上の株式と世界10カ国以上債券への国際分散投資をしています。いわゆるリスク分散というやつです。分配金は再投資型。分配金が一切無いので複利のパワーを最大限に受けられます。究極のほったらかし投資術ですね。

 

こんな風に6年積み立てた人の経験談では、これまでの利率は6%を超えているそう。

初心者がセゾン投信を6年続けた結果を公開。赤字は出た?利回りは? | ゆるがしこい節約メディア「ゆるぢえさん」

 

年利6%で複利のパワーを使うってどのくらいの力かというと

例えば、毎月4万円を45年積み立てた場合

f:id:gurikenblog:20170210113238p:plain

普通に貯金していたら2,160万円ですが、複利の力で1億円を超えます。

 

若いうちに投資や資産運用を始めると「時間」を味方に付けることが出来ます。

65歳まで、みなさん時間は後何年ありますか?20歳なら45年ありますが、40歳なら25年しかありません。

 

複利は、利息が利息を生む考え方。雪だるま式にお金が増えていくためには、時間があればあるほど有利です。上記のグラフを見てもらえれば分かりますが年数が経つごとに、加速度的に資産が増えています。

 

ちなみに毎月4万円を25年、年利6%で運用した場合

f:id:gurikenblog:20170210114100p:plain

1,200万円が2,718万円。

これでも十分スゴイですが、45年運用しているのとはエライ違いですね。

複利の力を借りたいのなら、一刻も早く投資を始めるべきです。もちろん投資は損をする可能性もありますが、リスクを背負わずに金持ちにはなれないです。

ここに挙げた商品はあくまで一例。僕の買い始めた商品を例にあげましたが、検討購入は自己責任で。

 

▼気になった人はこちらから

公式サイト

 

僕はとりあえず動いてみた

これが正解かはわかりません。ですが少なくとも、なにもしないよりはマシでしょう。

 

「投資はまとまったお金が出来てから」とか「知識を付けてから」とかって言い訳するまえに、とりあえず動いてみました。ぼくはまだ27歳。今後はお金を貯めながら知識をつけて、どんどん投資に回していくつもりです。

 

いずれにしても何かしらの「投資」をしないと、サラリーマンだけやっている限り、お金持ちにはなれないです。そして投資を始めるなら若い方が絶対にいいです。

 

今の時代、貯金してたってしょーもない。

ていうか、つまんない。

 

そんなことがこの記事から少しでも伝われば、うれしいです。

 

複利計算してみたい人はこちら。普通に貯金するのが馬鹿らしくなります。

積立と複利計算 ~ 投資信託のガイド|ファンドの海

 

公式サイト

 

▼オススメ本

言わずと知れたベストセラー。この本に書いてあることを全て実践するかどうかは別として「こういう考えもあるんだ」と頭に置いておくことは絶対に大事です。読んでない人は早めに読むべき1冊。「お金に働いてもらう」仕組みを理解できます。