ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

ぐりぶろぐ

人生の全てを好転させる「追い込み力」とは?

f:id:gurikenblog:20170619110416j:plain

こんにちは、ぐりけん(@gurikenblog)です。

僕は自他共に認める「妥協大好き人間」なんですけど、最近そのマインドを変えられつつあります。それは「退路の断ち方」を自分のものに出来たからだと思っていて、自分のことを上手に追い込むことが出来ているからです。

「追い込み力」を用いた退路の断ち方

今回は実例をいくつか挙げて、自分自身の追い込み方を紹介したいと思います。

住宅ローン組んで「追い込む」

僕は良い家に住みたいから、26歳で住宅ローンを組んで中古マンションをリノベーションしました。35年で住宅ローンを組み、ローンは月7万円弱、修繕積立金&管理費を合わせると月約10万円の支払です。2500万円の借金をこの年で背負います。

今後、子どもが生まれて妻の収入がなくなると赤字家計になることがわかっています。良い感じに「追い込まれている」状態です。このままじゃ子供産めないので「副業しよう」となりました。ブログアフィリエイトに全力を注いで約半年。月の副業収入が妻の月収を超えました。稼ぎも増えて家も快適。最高ですね。

POINT
  1. 借金作る
  2. 稼がなきゃいけなくなる
  3. 稼いじゃう

 

合わせて読みたい

 

周囲に吹き散らして「追い込む」

ブログを始めた当初は「どうした?急にブログなんか始めて」と周囲から言われましたが、その人たちには「稼げるから。絶対今年中に本業の収入超えてみせるよ」って宣言しまくっていました。できないとかっこわるいので、頑張りました。結果、ちゃんと半年で超えました。

 

POINT
  1. 周囲に宣言しまくった以上
  2. できなきゃかっこ悪いから
  3. 頑張る

 

ダイエットをブログで「追い込む」

2017年2月にライザップメソッドを自分で勉強して通わずに実践するセルフ・ライザップを行いました。ライザップは30万円超の高い料金を支払うことで退路を断つスタイル。僕はブログに「ダイエットします!痩せた姿公開します!」と宣言をすることで、出口をふさぎました。結果は2カ月で8キロ減(77キロ→69キロ)。その後はずっとキープを続けています。

 

f:id:gurikenblog:20170430220043j:plain

 

POINT
  1. ダイエットをブログに宣言する
  2. 痩せなきゃかっこ悪いから
  3. 痩せちゃう

 

合わせて読みたい

 

サプリメントにお金かけてトレーニングを「追い込む」

こっちはライザップの考えに近いですが、お金をかけて〝もったいない精神〟で追い込む方法。ライザップは高額すぎますが、金額設定によっては絶妙に追い込むことが出来ます。ダイエットには続きがあって僕は今、月約9000円のHMBサプリメントというのを摂取しています。最近プロテインよりも段違いに効果があると話題でトレーニングの効果を引き上げるサプリ。通常のサプリメントよりは高い自己投資なので、使っている以上は効果を出したいなと思ってトレーニングのモチベーションになっています。さらにその結果はブログで公開すると宣言しているので2重の「追い込み」が完成です。早速効果も実感しているので、3カ月後が楽しみで仕方ありません。

 

POINT
  1. お金を使って
  2. 〝もったいない精神〟で
  3. 退路を断つ

 

合わせて読みたい

 

そういや大学受験もそうだった

振り返れば、大学受験もそうでした。両親からは「国公立大学しかいかせないし、浪人もさせないよ」と両親から言われていた僕。当時入れそうな国立大学は、琉球大学しかありませんでした。

高校3年生の9月に当時一学年下の彼女ができました。彼女と一緒にいるためには地元の国立大学に通うしかなかったので、結構頑張りました。センター試験を3カ月後に控えた模擬試験では「E判定」でしたが、そこからセンター試験の点数を300点上げて地元の国立大学に「A判定」で合格。今考えると、親が良い感じで「追い込んでくれていた」のかもしれません。

そして、その彼女は今の妻。受験頑張ってよかったですね。

 

「追い込み力」でパフォーマンスは劇的に変わる

自分の可能性に期待しているなら、あとは追い込んで「やるしかない」状況を作れば良いんです。僕なんか「自分まあまあポテンシャルある方だわ」なんて思っていたものの、妥協ばっかで結果が伴っていない状態だったので、まーダサかったんですけど。それが「追い込み方」をなんとなく身につけてからは結果も伴いだして、自分自身のコントロール方法が分かってきた感じです。

 

それぞれに適した「追い込み方」「退路の断ち方」があるとは思いますが、今回はその一端を紹介しました。「追い込み力」を身につければ、パフォーマンスは劇的に変わりますよ。