「地方都市にいながら東京水準で稼げる人」が一番幸せ感じられる

f:id:gurikenblog:20170726205551j:plain

ぐりけん(@gurikenblog)です。僕は一貫して「札幌ラブ、東京キライ」な人間で、以前こんな記事を書いたところたくさんのご批判をいただいたんですけど。

俺札幌で死ぬほど幸せなんだけど、東京の人って幸せなの?

でも、夏の満員電車だけはマジで無理なんです、すいません。

 

地方都市は本当に「住み良い」

年間100日以上出張しているので、仕事で全国あちこち行くんですけど本当に札幌と福岡は生活を送る上で最高の環境です。買い物に関しては何でも揃いますし、食べ物も美味しい。人も東京ほど多くないから満員電車も無縁。住居にかかるコストも圧倒的に低い。

 

地方都市は「快適を感じることが多くて、不快を感じることが少ない」んですね(これは一緒のようで違う)。つまり「幸せ」って思うことが多くて、「イライラ」する要素が少ないんです。それでいで家賃は1/3とかなので、本当に生活しやすいです。

 

※札幌好きすぎて、こんなエントリーも書いています。 

俺札幌で死ぬほど幸せなので、札幌の好きなところ53個挙げてみた

 

でも、こんな悲しい話もある

転勤で札幌に来たサラリーマンとか「マジ最高で帰りたくない」って言うくらい良い街なんですが、一方でこんな悲しい話もあって。札幌に仕事で移り住んでくるハイスペックな女の子ってみんな「住むには最高だよね、札幌」って口を揃えるんですけど、何年かすると「仕事辞めて東京帰るんだ」って悲しい報告が来るんですよね。

理由を聞くと「札幌では結婚相手が見つからない」からっていうんです。札幌の人間としてはボディーブロー食らった感じになります。

 

年収ガイドによると、札幌市の2016年の平均所得は306万3140円だそう。これはもちろん男女合わせた数字なので参考になりませんが、このレベルの人しか周りにいなかったら、そう思うのも無理はないかなって同情します。

 

美人でキャリアもある女子たちの理想が高いのかといえば「普通の人でいいんだけど」って言うんですが。まあ、この人たちにとっての普通の人って「誰もが知っている名前の会社に勤めている人」って意味なんですけどね。

 

「地方都市にいながら東京水準で稼げる人」が一番幸せ

だからこそ、僕は「地方都市にいながら東京水準で稼げる人」って一番幸せを感じられると思うんですよね。だって

  • 飯美味いし
  • 満員電車に乗らなくていいし
  • 住居費安いから良い家住めるし
  • 家に限らず他の生活コストも安いし
  • 周囲よりお金に余裕があるし
  • モテるし

東京で普通の生活できる人は、地方都市なら最高に良い暮らしが出来ると思います。東京は幸せを感じるためのハードルが高すぎます。

 

 

地方都市で東京水準に稼ぐには

「地方都市で東京水準に稼ぐ」って別に難しいことじゃなくて、例えば

  • 一部上場企業の支社勤務
  • 外資系の地方都市エリア担当

とか。大企業の支社勤務は配属の運に左右されることもあるけど、外資系は結構、高い給与水準でエリア指定して就職活動することができます。例えば外資の医療機器メーカーとかは「北海道エリアを任せる人を募集している」とかがよくあるパターンで、「札幌勤務が良い」なんて希望を出せばあっさり求人があったりします。

下記は先輩の転職体験談

【ビズリーチ評判】1年間離職しても前職の年収越えた人に話聞いてきた

 

他にも

  • 地方のメディア(テレビ・新聞)
  • 地方のインフラ(電力・ガス)

とか。ローカルのメディアも相変わらず給与水準は高めだし、インフラも地場の中小企業と比べてたくさんもらっていますよね。

 

収入を増やしたければ、副業をすれば簡単に底上げできる時代にもなりましたし。意外と東京水準に稼ぐって難しいことじゃないです。

 

ハイスペック男子は、地方都市ならマジで良い暮らしが出来ます。逆に地方都市在住女子は、こういう男性って意外とたくさんいるので探してみてください。

 

「地方都市で稼ぐ」のが勝ち組。これが結論です。

 

札幌とか福岡の学生は無理に東京出る必要ないよ!