白老牛肉まつりに行ってきた!A4.A5ランクの高級肉をアウトドアで!

f:id:gurikenblog:20170604172537j:plain

どうも、ぐりけん(@gurikenblog)です。

土曜日は初めて「白老牛肉まつり」へ行ってきました。朝から白老牛にがっついて…。やっぱ最高だな、北海道。牛肉まつりに行かなかった過去27年を後悔したほどだったので、早速レビューしたいと思います。

「白老牛肉まつり」とは?

今年で28回目を数える「白老牛肉まつり」

会場となる白老ICの出口すぐの河川敷には1,200個の炭火焼コンロが用意されており、ブランド牛の「白老牛」はじめ、新鮮な海産物、とれたての野菜をその場で焼いて食べることが出来ます。札幌から車で約1時間半とアクセスも良いです。JR白老駅からは無料のシャトルバスも運行しています。

 

第28回白老牛肉まつりの概要

f:id:gurikenblog:20170604073908j:plain

開催日:2017年6月3~4日

会場:白老川河川敷白老インター前広場

時間:3日(土) 9:30~17:00、 4日(日) 9:30~16:00

前売券料金:1,800円 (150グラム入り)

前売券販売所:とまこまい広域農協各支所/白老町商工会/白老観光協会/レストランカウベル(前田畜産)/白老牛の店いわさき/炭火焼レストラン牛の里/天野ファミリーファーム/ファームレストランウエムラ/ローソン白老東町店・石山店/セイコーマート白老公園通店・白老東店・白老萩野店/アヨロ温泉/チケットぴあ(全国サークルKサンクス・セブンイレブン) 【Pコード:990-900】

 

前売券は買わなくても参加できますが、当日販売分は少し割高で、早ければ午前中のうちに完売してしまう可能性もあるので、確実に行く方は前売券の購入がおすすめです。

 

白老牛とは

白老牛は北海道白老町の温暖な気候、豊かな自然で育った黒毛和牛。北海道のトップブランド牛ですが「手の届く高級肉」として親しまれています。そのおいしさは2008年7月に開催された北海道洞爺湖サミットでは、日米首脳晩餐会、総理大臣夫人主任昼食会に使用され、世界のVIPにも絶賛されたほどです。

 白老は有珠系粗粒火山れきの土壌や、低温などにより畑作農業には適さない地域であったため、気象条件が類似する島根県山間部で黒毛和種肉牛の生産が盛んであることに着目し、昭和29年10月に島根県から北海道では初めて黒毛和種肉牛44頭を導入し「白老牛」の生産がスタートされ、現在では繁殖雌牛5000頭を有し、肥育牛年間1200頭の出荷頭数を誇っております。

白老牛

 

「白老牛肉まつり」 行ってきた

札幌を朝8:00すぎに出発し、行ってきました。

 

f:id:gurikenblog:20170604170115j:plain

 

高速道路を白老ICで降ります。IC通過後すぐ会場がありました。

 

f:id:gurikenblog:20170604170204j:plain

f:id:gurikenblog:20170604170316j:plain

 

9:30スタートのお祭りで、9:34に着いてこんな感じ。10分かからず駐車出来ましたが、混雑してくる昼前には駐車場に止めるまで1時間かかった…みたいな口コミもあったので注意!

 

f:id:gurikenblog:20170604170451j:plain

 

ゲートをくぐったところに、案内看板があります。どこにどのお店があるか書いてあるので、先にスマホで写真を撮っておくのがオススメ。

 

f:id:gurikenblog:20170604170856j:plain

 

それにしても大混雑…。

1,200個のコンロが用意されているらしいですが、マジで椅子取りゲームです。これでも一応オープン15分後の図。みんな朝一から来ているっぽいので、「お昼くらい目指して行こうか」とかたぶん無謀です。

 

f:id:gurikenblog:20170604170717j:plain

 

それでも席ゲット!

炭も網もその辺を歩いている係のおじさんがいいようにやってくれます。

 

f:id:gurikenblog:20170604171034j:plain

 

白老牛は前売券の引替か、当日販売

f:id:gurikenblog:20170604171154j:plain

 

メインの白老牛。150g1800円の前売り券を買っておけば、スムーズにお肉をもらえます。当日販売もありますが、少し割高。当日販売分は午前中にはなくなるとも言われています。

 

焼きものは白老牛以外もたくさん売っている

f:id:gurikenblog:20170604171424j:plain

 

ホタテやカキはもちろん、地元の野菜も。

 

f:id:gurikenblog:20170604171505j:plain

 

調理してある物も豊富

f:id:gurikenblog:20170604171743j:plain f:id:gurikenblog:20170604171555j:plain

f:id:gurikenblog:20170604171716j:plain

f:id:gurikenblog:20170604171815j:plain

 

限定の白老和牛デミバーガーや鶏の丸焼き、白老牛のハンバーグに白老牛丼、白老牛肉コロッケなどなど、たくさん出店が出ているので買ってその場で食べられるものも豊富です。本当にお祭りって感じ。東北からの出店もあり、青森のリンゴジュースや、牛タンもありました。

 

朝からバーベキュー

f:id:gurikenblog:20170604172119j:plain

 

うーまい!!!

白老牛はブランド牛独特の脂身のくどさがなくて、食べやすい!脂身が苦手な方もオススメです。箸でもきれるほどに柔らかいし、トロットロ。白老ありがとう。カキもホタテも牛タンもホルモンも買っちゃいましたがペロッとなくなりました。

 

f:id:gurikenblog:20170604172302j:plain

 

大好きな「トンデンファーム」も出店していたので、ピルカソーセージも自分で炭火焼き。ぶっといソーセージが200円です。

 

名物・黒毛和牛の丸焼き

f:id:gurikenblog:20170604172537j:plain

 

名物はなんと言っても白老牛の丸焼き。お昼頃から1皿1000円で振る舞われます。この豪快な焼き上がりを見たければ、朝一に行くのがオススメ。10時過ぎから解体が始まってしまいます。

 

ゴミは持ち帰らなくて良い

f:id:gurikenblog:20170604172455j:plain

 

ゴミはゴミステーションへ。分別すれば持ち帰る必要はありません。

 

白老牛肉まつりの感想

白老牛肉まつりは火の準備や後片付け(ごみは自分で捨てるけど)をしなくていいので、手軽にバーベキューを楽しむことができました。外で高級肉を堪能するという若干の非日常も最高です。

飲食物の持ち込みは厳禁とのことですが、チェックはありません。おにぎりくらいはいいのかな、良識の範囲内で。

白老牛に焼肉のタレは付いてきますが、醤油や塩コショウ、紙皿などバーベキューの基本アイテムは持参していくことをオススメします。その方が白老牛をより美味しく食べられると思います。

お昼時は混雑するので、朝一で行くのが得策。さっさと食べて昼前に帰ってくるのがベストでしょう。

 

あー、美味しかった! 絶対来年も行きます!