読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりぶろぐ

27歳。北海道生まれ。広告代理店勤務を経て新聞記者をしています。

【ライザップ】糖質制限するとお酒に弱くなる?原因と対策まとめ

f:id:gurikenblog:20170318095618j:plain

ボディメイクには相当な悪環境ですが、食事制限と適度な筋トレでセルフ・ライザップやっています。

  1. 出張年間100日以上
  2. その間全て外食
  3. 飲み会ほぼ毎週
生活サイクルはこんな感じ。それでも、開始1カ月で-5キロの減量に成功しました。今も体重は順調に減っています。糖質制限してからお酒に弱くなった気がします。今回はその理由についてまとめました。

糖質制限中に飲んで良いお酒・悪いお酒

糖質制限中に飲んで良いお酒は

  • 蒸留酒(ウィスキー、焼酎、ウォッカ、ラムなど)
  • 糖質0ビール

一方ダメなお酒は

  • ビール
  • 発泡酒
  • 紹興酒
  • 日本酒
  • カクテル
  • ワイン

僕は最近、乾杯から最後までずっとハイボールです。

 

糖質制限でお酒に弱くなる?

結論から言うと糖質制限中にお酒に弱くなるのは、本当のようです。僕も普通に生活していたときには絶対無かったことですが、突然の眠気に耐えられなくなったりします。それと、酔いが回るのが以前よりも早くなりました。いわゆる「ベロベロ」の状態がいきなり来ます。

酔うのは体内の水分が不足するから

そもそも糖質制限ダイエットの仕組みというのは

  1. 体の中の糖質を使い切ったところで、燃焼物が体脂肪に変わる
  2. 体が筋肉に貯蔵しているグリコーゲンを糖質と水に分解する
  3. 糖質を摂らなくても、体が作った糖質が脳のエネルギー源になる
  4. このとき出来た水分が体外に出て、体重が落ちる

こういうことなんです。糖質制限ダイエットは体内の水分を通常より減らしてしまうので、便秘になったりもします。

【ライザップ】糖質制限ダイエットは便秘になる?対策と解消法まとめ - ぐりぶろぐ

 

体内の水分が減るということは、脱水で血液量が減っているということです。だから立ちくらみを起こしたりもします。ダイエット前よりも血液量が減っているので、血中アルコール濃度が高くなる。これが「糖質制限ダイエットをすると以前よりも酔っ払う」の最大の理由です。たしかに翌朝の喉の渇き具合が、すごいんです。

 

糖質制限中の飲酒は、ダイエットの効果で体重が減っているのに加えて、さらに-10~15キロくらい体重の軽い人がお酒を飲んでいる状態になるとか。それくらい血液量は減っているそうです。つまり糖質制限をして70キロになった人は、55キロでお酒を飲んでいるくらいの自覚が必要ということです。

 

糖質制限中は積極的な水分摂取が必要

糖質制限ダイエット中は水分を多く摂った方が良いとされます。目標は「1日水2リットル」。これはアルコールに限らず、便秘対策にもなります。お酒を飲むときには同時にチェイサーも頼むなど、多めに水分を摂ることを心がけましょう。

糖質制限はやり過ぎ注意!期間を決めるなど、徐々にボディメイクしていくことをオススメします。

 

ぐりぶろぐ「LINE@」はじめました

LINE@で毎日のブログ更新通知や、PV&収益の書きづらい話などを配信しています。

 

下記のボタンから簡単に無料で追加できます。

友だち追加

 

ともだち追加、よろしくお願いします!

 

 

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)

 

 ▼オススメのライザップ本

 

 

 

 
▼糖質制限・ライザップについての記事はこちら