離婚して養育費払っている人が、仮想通貨リップルに第2の人生託した話

「xrp」の画像検索結果

ぐりけん(@gurikenblog)です。

大学の先輩が離婚して養育費を支払い中なんですが、その額が…

 

「1歳の時に離婚して月4万円だから 、成人するまで912万円かな」だそうで。

 

それで養育費を、払わないとか減らすとか、そういう妙案がないかって相談を受けたんです。「宝くじでも当たらないかな〜」なんて言うので、思いついちゃったんですね。「リップル買えばいいじゃん」って。

第2の人生をリップルちゃんに託すわけですよ。

 

リップル(XRP)ってなに?

リップル(XRP)とは仮想通貨の一つ。仮想通貨で一番のシェアを持つのはビットコインですが、注目度ベスト5くらいに位置し、これから伸びるであろう(と言われている)通貨です。

 

f:id:gurikenblog:20170809105654p:plain

 

とはいいましたが厳密に言うとリップルは通貨というより、「金融商品の決済・送金システム」のことを差します。その仲介通貨に使われるのがXRP(リップル)。リップル社は次世代の国際的な決済基盤になろうとしており、そうなれば国際送金にかかる手数料や時間を大幅に削減することができます。世界中にこのシステムが普及すれば、仲介通貨であるXRPの価値も上昇するだろうと考えられており、注目度が高いわけです。

 

XRPはリップル社のすごい運営の人たちがまだまだ価値を爆上げすると宣言していますし、SBIホールディングスの北尾吉孝社長も価値を上げていくと株主総会で明言しています。何よりあのGoogleまで出資しちゃっている会社なんです。

最近では、アブダビ国立銀行が一部決済システムにリップル導入を決めています。国内でも大手銀行がどんどん検討段階に入っています。

新送金システム連合、ゆうちょ銀と三井住友銀も参加 :日本経済新聞

 

リップル(XRP)は、仮想通貨取引所のコインチェック で購入することができます。

年始には1XRP0.59円だったのが5月には一次44円台まで跳ね上がりました。半年足らずで約75倍です。年始に10万円分買っていたら750万円になっていたということ。仮想通貨、夢ありすぎです。

 

 

養育費が「成人までに」20万円高くなったと思って、リップルを買う

https://images.pexels.com/photos/59197/pexels-photo-59197.jpeg?w=940&h=650&auto=compress&cs=tinysrgb

で、思いついたわけですよ。「リスク承知で、20万くらい捨ててもいい覚悟で突っ込めますか?」と。先輩は「リスクは背負う!」と男気十分。再婚して新しい奥さんもいるんですけどね(笑)

 

つまり「養育費が20万円高くなったと思って、思い切ってリップルを20万円分買ってみよう」という話です。1リップル(XRP)は現在20円前後を行き来していて、これが数年後1000円になれば50倍なので、20万円は1000万円になるわけです(税金は取られるけど)。

 

最悪、購入した20万円分のリップルが無価値になるリスクはありますし、20万円ってなくなったら結構堪える額です。でも養育費を支払う19年で割ったら年間10,526円。月877円なんですよね。

物は考えようで、月877円の支払いが増えるだけで「本当は19年払わなきゃいけない養育費が、数年でチャラになる可能性がある」なら、十分に投機の価値は見いだせるんです。毎月宝くじ3枚買うだけですから。

 

そんな感じで先輩はすぐにコインチェック で口座開設。1XRP19円台で20万円分のリップルを購入しました。僕もそそのかしといてアレなので、ちょっと買い足しました(笑)

 

「投機は自己責任です。溶けてもいい余剰資金にしてくださいね。僕はブログで稼いだお金で遊んでいるだけなので!」って100回くらい言ったんですけど、「早く買わせてくれ!」とあっさり購入。まあ稼いでいる人だから良いのか。

 

こんな感じで、僕らはリップルに人生を託しました。

じわじわと上昇するビットコインで20万を40万にするのではなく、爆発力を残しているリップルに賭け、0になっても良いから20万が1000万になる日を待ちます。僕は数年のうちにリップルが100倍にも200倍にもなるんじゃないかと、勝手に夢を乗せています。根拠はありませんが。(笑)

あぁ…仮想通貨楽しい!

 

リップルはどうやって買うの?

f:id:gurikenblog:20170809105154p:plain

リップルは仮想通貨取引所のコインチェック で購入できます。

 

口座開設はこちら

 

取引所は他にも国内大手のビットフライヤーなどがありますが、ビットフライヤーではリップルの取り扱いがありません。仮想通貨の買い方は下記にまとめています。

 はじめての仮想通貨。ビットコインやリップルの買い方を丁寧に解説

 

夢いっぱいの仮想通貨。

投機は自己責任でお願いします。

 

いやー先輩の養育費、2、3年でチャラになるといいですね〜!

第2の人生に幸あれっ!リップル頑張れっ!