不動産仲介手数料は高すぎる?担当者にはしっかり働いてもらおう

不動産の仲介手数料はどれくらい?

不動産の仲介手数料とはお客様から不動産物件を安全に取引できるよう綿密な調査をし、スムーズに仲介した報酬として頂くお金(不動産会社の言い分)のこと。

相場は物件価格×3%+6万円(税別)

  • 1500万円の物件であれば、51万円+消費税
  • 2000万円の物件であれば、66万円+消費税
  • 3000万円の物件であれば、96万円+消費税

高いですね。

上記の計算式で算出される金額は、仲介手数料の上限値ですので、これより安い手数料とすることは可能です。ただ多くの不動産仲介業者はこの上限値を当たり前のように仲介手数料として請求しており(上限だと説明すらしていないことが多い)これが一般化しています。

仲介手数料は値引き交渉の対象となりえるものですので、交渉しても構いません。ただ、不動産会社が「仲介手数料を半額にします」などと自らうたっていない限り、値引き交渉に応じてもらえる可能性は低いでしょう。

賃貸物件を借りる場合、仲介手数料を交渉次第で割り引いてくれることは多いですが、売買物件の場合はそれほど多くないようです。我が家も当然のように、物件価格×3%+6万円+消費税の大金を払いました。

不動産仲介業者の担当者選びは超重要

中古物件に関する情報を聞きたいときには、多くの連絡や相談事項が担当者経由になるので不動産仲介業者の担当者選びは非常に重要です。

高額な手数料を支払うわけですが、お客様から不動産物件を安全に取引できるよう綿密な調査をし、スムーズに仲介した報酬として頂くお金って具体的に何してくれるの?って話ですよね。

経験からいうと事務的な手続き以外は大した何もしてくれなかったというのが印象です。

高い金を払っている分、もっと働いてもらえば良かったなと思っています。

僕の担当者は相当ダメな部類でした。「後で連絡します」といってそのまま。こちらから催促してやっと。というありさま。

こちらは仲介手数料に見合うだけの仕事をしてもらう権利があります。

本当に担当者と合わなければ、きっぱり伝えて変えてもらいましょう。大金を払っていますし、担当者が嫌だからという理由で、物件を諦めるのはもったいない。不動産会社に電話で「担当者を変えてもらえないか」と、聞いてみるのも全然アリだと思います。

不動産仲介業者の仕事は?

仲介業者の仕事は大まかに下記の通りです。

  • 条件に合った物件の紹介
  • 物件下見の日程調整
  • 物件の現地案内
  • 売主や貸主との交渉
  • 契約書などの書類作成
  • 決済などの対応

不動産仲介業者にお願いしていいこと

購入の意思を明確にし、仮押さえしてもらう

購入前から、仲介業者の仕事は始まっています。購入の可能性のある物件は、仮押さえしてもらい後から購入希望者が現れたら事前に連絡できるよう根回ししておきましょう。

値引き交渉

物件の値引き交渉も仲介業者の仕事の一つです。より安く購入するために、汗をかいてもらいましょう。

内覧は複数回お願いして良い

内覧に関しても1度見たから、と遠慮する必要はありません。「昼も夜も見たい」というのはわがままでもなんでもありません。スケジュール調整をしてもらいましょう。

周辺の案内

小中学校や、スーパーなど周辺施設の案内もお願いしましょう。

スケジュールの調整

購入にあたっては売買契約の締結の際、不動産仲介業者の出してきたスケジュールが住宅ローンの審査などと合わない場合があります。スケジュール調整も不動産業者の仕事です。

リノベーションする場合は管理組合への確認

リノベーション用物件の場合は、管理組合への確認事項も発生します。全て仲介業者に任せましょう。軽く挙げただけでも実はたくさん頼めることはあります。

 

電話1本、メール1通で迅速に動いてくれる人が理想ですね。

余計なストレスなく、サポートしてくれる担当者に出会えるかどうかも不動産購入においては重要なポイント。物件と同時に信頼できる担当者かどうかも、見極めが必要です。

 

▼GURIBLOG(ぐりぶろぐ)では、中古マンションリノベーションのいろはをまとめています。

中古マンションリノベーションのすべてをまとめました(20代〜30代向け)