リノベーションとリフォームの違いは何?

f:id:gurikenblog:20161228150127j:plain

そもそもの疑問

「リノベーション」って最近よく聞くけど、そもそも「リフォーム」と何が違うの? リノベーションを検討している人であれば、たいていの方が抱かれている疑問だと思います。実は境界線が非常に曖昧なのが「リノベーション」と「リフォーム」。今回はその違いについてです。

 「リフォーム」とは

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことです。言い換えると、原状回復のような感じでしょうか。壊れたり、汚れたりしている部分を新しくすることを指します。マイナスからの復元で元通りに戻すことを意味し、壁紙の張り替えや新たなキッチンへの変更などはリフォームに当たります。ユニットバスの変更も、リフォームです。

「リノベーション」とは

一方「リノベーション」とは大規模な工事を行うことで、性能を新築の時よりも向上させることを言います。大規模リフォームと言われることもあります。リフォームがマイナスからゼロへの復元なのに対して、リノベーションはプラスアルファを生む工事です。住環境をより快適にするために、使いやすいよう間取りを大幅に変更したり、デザイン性の高いものに変える作業が該当します。
例えば、部屋の間仕切りをとってリビングダイニングを一つにしたり、水回りの場所を変更し、キッチンを壁付けからアイランドキッチンへ変えることも出来ます。工事に伴い冷暖房の設備を新しくし機能を向上させたり、耐震性を高めることもリノベーションです。

「リノベーション」と「リフォーム」の違いまとめ

壁紙や床材の張り替え、システムキッチン・バスの入れ替えなどの工事は「リフォーム」。間取り変更を伴ったり、配管工事も伴う大規模工事は「リノベーション」です。
また、新築時と同等レベルまできれいにする工事は「リフォーム」。新築以上のレベルを求めるのは「リノベーション」に分類されます。
住宅としての性能を考えたときに、
  • マイナスからゼロへは「リフォーム」
  • マイナスからプラスアルファまでを生み出すのが「リノベーション」です。
価値の創造方法は人それぞれです。とびきりのおしゃれを求めても「リノベーション」。とびきりの使いやすさを求めても「リノベーション」なんです。是非、あなたにあった「リノベーション」を探してみてください。

この「ぐりぶろぐ」ではリノベーションのいろはを詳しくまとめていますので、よかったら回遊してみてください。

合わせて読みたい