ルンバ622が初売り3万円。最新機種との比較口コミ、価格差は?

f:id:gurikenblog:20170104215804j:plain

初売りでルンバ買った

2017年、初めての買い物は「ルンバ622」でした。
初売りで3万円で購入できました。
2016年9月に新居に引っ越してから、買おう買おうと思っていたのがロボット掃除機。
今では家電メーカー各社がロボット掃除機を販売していますが
僕は買うなら王道のルンバと決めていました。
その理由はどこかで見た、こんな言葉が強烈に頭に残っていたから。
「ロボットメーカーの作るロボット掃除機と、掃除機(家電)メーカーの作るロボット掃除機。頭が良いのは当然前者だ」
この言葉に妙に納得させられていたんです。

ルンバを作っているのはアイロボット社というロボット会社。
アイロボット社は、実用的なロボットを
つくるというビジョンのもと、1990年に設立した会社です。
当時ロボットと言えば、未来の夢でした。
しかし現在では、ロボットは私たちの家にいて、
あらゆる用途で人の役にたっています。
より簡単に。より効率的に。
アイロボット社のロボットは、皆さまに意義あるソリューションを提供します。
すべての部屋の床をもっときれいに。
毎日、たったひとつボタンを押すだけで。
ルンバは世界中の人々を手助けするロボットの先駆け的存在です。
さあ、今日から床掃除はルンバにお任せ。
そうすれば、あなたはもっとやりたかったことに
時間を使うことができるのです。
アイロボット社の協同創設者兼CEOのコリン アングル氏のメッセージをホームページから拝借。
地球外探査ロボットや地雷探査ロボットなども作ってきたアイロボットが作るルンバは
ロボット会社が作った掃除機だから、ダントツに頭が良いんです。


ルンバの種類と比較。価格は?

ルンバの番号は、シリーズの型番です。
2017年1月現在、900番台、800番台、600番台と大きく分けて3シリーズ販売しています。
番号が大きい順に性能が良く値段も高い上位機種です。
最上位機種の980はアイロボットストアで125,000円ですが、
600番台はスタンダードなルンバのエントリー機種は安いところを探せば3万円台と、
グレードにより価格に大きな差があります。
現行の機種をざっくり説明すると
ルンバ900シリーズ(980)は最上位機種で豪邸に住んでいる人向けです。
112畳(185㎡)くらいの家をくまなく掃除してほしくて、スマホで外出中もコントロールしたい人にオススメです。アイロボットストアでは125,000円(税別)


iROBOT ロボットクリーナー ルンバ980 ダスク R980060

ルンバ800シリーズ(876)ペットを飼っていてカーペットの上も完璧に掃除して欲しい人向けです。部屋がたくさんあってもルンバだけで掃除を完結させたい方にオススメ。アイロボットストアでは74,000円(税別)


【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 880 ブラック

ルンバ600シリーズ(680)はベーシックな機能を搭載したスタンダードモデル。とりあえずロボット掃除機欲しい人向けです。ルンバとしての動き(頭脳)は800シリーズと変わりません。
過去のモデルで654622があります。654は622にスケジュール機能を付けたもの。毎日決まった時間に掃除して欲しいと言う人は654。毎日スタートボタンを押して家を出るから別に必要ない。と言う人は622で十分です。現行モデルは680。654の最新モデルです。アイロボットストア価格は49,880円(税別)


【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

簡単に説明するとこんな感じです。僕が購入したのは622。
上記のアマゾンのリンクでも33,000円程度と、いま最も購入しやすいルンバです。

f:id:gurikenblog:20170104221700j:plain

税込み32,400円で買った僕とそんなに変わりませんね。
ごらんの通り価格はピンからキリまでありますので、予算に応じてというところ。
とりあえずルンバが欲しいという人は
600番台シリーズなら3万円台で購入できます。

ロボット掃除機が我が家にもたらした3つのメリット

ルンバを使ってみた率直な感想は

「なんでもっと早く買わなかったんだろう」でした。
そしてロボット掃除機は掃除を自動化するだけでなく
たくさんのメリットがあることが分かりました。

床にものを置かなくなる

床にものが置いてあるとルンバの動きを妨げてしまいます。
ルンバには毎日掃除してもらいたいから、
床にものを置く習慣が無くなります。

掃除機から解放される

当然ですが、掃除機をかけるという家事のジャンルそのものが1つなくなります。
これは本当に大きなこと。
食洗機を付けたことと同じように、とても楽になりました。
出勤前に毎日ボタン一つで起動させていくだけ。
結果的には掃除機の頻度が増え、毎日綺麗を保つことが出来るようになりました。

余力を他に回せる

 これが意外に大きなことなんですが、
これまで掃除機に使っていた労力を他に回すことが出来ます。
鼻歌を歌いながら拭き掃除♪ なんてことにもなるわけです。
結果、さらに部屋は綺麗になります。


ルンバは本当にオススメ

エントリーモデルの622でも92㎡4LDKをあちこち動き回って掃除してくれます。
自分で充電スポットに戻る様はなんとも愛くるしいです。
使用感としては、テレビを見ながらの起動は音がやはり気になります。
外出するときにスイッチを押して、掃除しておいてもらうのが理想でしょう。
玄関などの段差も落ちることはないですし、
日々部屋の形を覚えていき、効率的に掃除をしてくれる印象です。
ラグマットは毛の長いもの(7~8センチ)を使っているので
端を内側に折って起動させています。そうするとラグの上には乗ってきません。
家事の自動化は本当に革命。
食洗機に、掃除機。次は何が自動化できるでしょうか。
ルンバ、本当にオススメです!
▼はじめましてで是非読んで欲しい記事