UQモバイルにMNP。速度や料金の口コミと僕が乗り換えを決めた理由

f:id:gurikenblog:20170113134010p:plain

出典:UQ mobileと UQ WiMAXのUQコミュニケーションズ

まだ3大キャリア使ってるんですか?

softbank、au、docomoの3大キャリアを何となく使っている人多いですよね。
「大手キャリアの方が安心だし」
「格安SIMってよくわからないし」
「変えるの面倒だから」
言葉は汚いですが正直に言わせてもらうと
そんなんで動かないなんて
「本当アホなんじゃないのかな」
と思ってます。

「格安SIM」って耳にはするけど、自分には関係ないと思っていませんか?

毎月、漫然と7~8000円のバカ高い通信料を支払っていませんか?

僕はUQモバイルを使っていますが、2016年12月の利用料金は1,860円です。

f:id:gurikenblog:20170113144931p:plain

ソフトバンクからUQモバイル に変えたことで毎月約6,000円の節約になっていて
年間約72,000円のコストカット。
夫婦で格安SIMに変えたので、年間14万円以上通信費を削ることが出来ました。
本当に声を大にしていいますが、まだ変えていない人は早く動いたほうがいいです。
今回は格安SIMについて、
そしてオススメのUQモバイル について解説します。
詳しく書くと本当に長くなりますが、このブログは比較サイトではないので
重要なところだけ、まとめてお伝えします。

格安SIMに変えた方がいい人

ほとんどの全ての人
特にこういう人と挙げるなら、電話をあまりしない人、ライン通話で十分な人です。
例えばソフトバンクだと月2,700円のかけ放題プランへの加入が必要ですし、
5分まで通話無料のライトプランでも月1,700円はかかります。
電話をしないのに通話定額って本当に無駄です。

 格安SIMに変えない方がいい人

自身のスマホで取引先などに電話することが多い人
 唯一、個人スマホで取引先に頻繁に電話を掛ける人はおすすめしません。
電話は掛けた分だけ料金が高くなるからです。
また、「LINEのID検索がないと死んでしまう」という出会い系ヘビーユーザーも、格安SIMではLINEのID検索が使えなくなってしまうので注意が必要。
そういう人はこっちがオススメ。

LINEモバイル

格安SIMで唯一ID検索が使えるLINEモバイル。SNSのデータ通信はカウントしないなど、格安SIMで人気が出てきています。

※UQmobileでもふるふるやQRコードでのID交換はもちろん可能です。ID検索が出来なくてもQRコードをスクリーンショットして送るという抜け道もあります。

格安SIMのメリットは?

とにかく料金

月額料金がおおむね2,000円くらいになります。

契約がシンプル

大手キャリアのように非常にわかりずらい2年契約の縛りなどがありません。
契約更新月の2カ月の間じゃないと解除手数料がとられる意味不明な仕組みもありません。

格安SIMのデメリットは?

機種を自分で用意する必要がある

のちほど解説します。

電話をたくさんすると月額料金が上がる

通話料金30秒20円が基本です。一昔前の大手キャリアの料金体系ですね。
僕はLINE通話や会社ケータイで補っています。

キャリアメールが使えなくなる

いまどきキャリアメール同士でやりとりをする話もあまり聞かなくなりましたが…
Gmailで十分ですね。

通信速度が遅くなる

これが唯一のネックなのかも知れませんが、大手キャリアと比べると通信速度が遅くなります。とくに平日の12時台(お昼休み時間)はほとんどの格安SIMが通常時より遅くなると言われています。普通にニュースサイトなどを見る分には問題ない範囲ですが、動画の閲覧などは厳しくなります。20社以上ある格安SIMで、一番早い社と一番遅い社では10倍もの差がでると言われています。
金額はほぼ横並び。安いと言っても数十円から数百円。誤差の範囲内ですね。
格安SIMに変えるなら、一番気にしなければいけないのは速度です。

UQモバイルがオススメな理由は「速度ナンバー1」だから

f:id:gurikenblog:20170113131906j:plain

格安SIMにしてみようと思ったとき、次の疑問は
 「20社以上ある格安SIMの中でいったいどれが良いの?」という話です。
詳しくまとめてくれている比較サイトが多数ありますが、
僕は自身が使っている「UQモバイル 」をオススメします。
選んだ理由はシンプルで「格安SIMの中で1番早い」から。

                f:id:gurikenblog:20170113131839j:plain

出典:UQ mobileと UQ WiMAXのUQコミュニケーションズ

データが示すとおりUQモバイル は格安SIMの速度で実測値1位を2年連続で獲得しています。もっとも速い格安SIMなんです。
ほとんどの格安SIMがドコモの回線を間借りしているのに対し、
UQモバイル は数少ないau回線を使用している格安SIMであるというのもハイスピードの理由。
エリアも十分にカバーしてくれています。

f:id:gurikenblog:20170113132135j:plain

僕は実際に使用していますが、昼休みに遅いと感じたこともありませんし、動画だってサクサク。止まったことはありません。
使用感としては、ソフトバンクの時と何も変わりませんでした。
▼公式サイトはこちら

料金プランは?

料金プランはいたってシンプルです。大きく分けて2つ。
電話機能のないデータ通信のみのプラン 電話+データ通信のプランがあります。
データ通信のみのデータ高速プランは月額980円で高速通信3GB
データ高速+音声通話プランは月額1,680円で高速通信3GB、通話は30秒につき20円。
僕は通話が少ないので、このデータ高速+音声通話プランを利用しています。
最近は上記のスタンダードなプランに加えて
月額1,980円で高速通信2GB&5分まで通話し放題プラン
月額2,980円で高速通信6GB&5分まで通話し放題プランがあります。
どちらも大手キャリアより圧倒的にお得です。

 また、データ無制限プランというのもありますが、
キャリアの速度制限がかかった状態にちょっと毛が生えたような早さのプランなので、ここでは選択肢に含めません。

機種はどうするの?

格安SIMは自分で機種を用意する必要があります。
 UQモバイルなどでは端末も同時購入することができますが、格安SIMのメリットはキャリア関係なく好きなスマホを選べること。なので自分で好きなSIMフリースマホを購入し使用することをおすすめします。
今使っているスマホがある場合は格安SIMを差してそのまま使うことが出来ます。
2015年5月にSIMロック解除が義務化され、手続きを踏めば各社のスマホを他社でも使えるようになりました。ですがキャリアごとにSIMロック解除の条件はことなるので確認が必要です。
iPhone6s以降のiphoneはUQモバイル で使えます。
ソフトバンク、ドコモで契約したiPhone6S/6splus/SE/7/7plusは SIMロック解除で利用可能です。
 auとアップルストアで購入したSIMフリーiPhoneの場合は、6s以前のもの(5s/5cまで)も使用することができます。
▼SIMロック解除については各社のホームページで確認できます。

UQモバイルの申し込み方法は?

端末とSIMカードを同時購入する場合も、端末は自身で用意してSIMカードだけの場合も、申し込みはインターネットの公式サイトから簡単に申し込むことが出来ます。

手元に必要なものは

・メールアドレス

・本人名義のクレジットカード

・本人確認書類

・MNPの場合、MNP予約番号

手続きはたった2ステップです。

①オンラインで必要情報入力

②スマホなどで撮影した本人確認書類の写真をアップロード

あとは佐川急便が自宅まで送ってきてくれるので、届いた時点から利用することが出来ます。

▼公式サイトはこちら

高速通信の容量が足りない人は

高速通信の容量が足りないよという人はスマホのプランを大きくするのではなく、ポケットWi-fiを契約することを推奨します。

UQモバイル と同じ、UQコミュニケーションズのWiMAX がオススメです。

理由は1つ。

WiMAX は数あるポケットWi-fiの中で唯一、容量無制限だからです。

▼詳しくはこちらで解説しています。

www.gurinovation.com

僕の導き出した通信費の答えは

格安SIM+容量無制限Wi-fi

UQモバイル × WiMAX です。

僕は通信費を大きく削減したことで、住宅に回せるお金が増え

中古マンションをフルリノベーションするという決断ができました。

通信費の削減に、すこしでも参考になれば幸いです。

▼公式サイトはこちら