札幌真駒内「朝日鮨」で寿司食べ放題ランチ。コスパ最高も店主はブチギレ

f:id:gurikenblog:20170905160105j:plain

札幌市南区真駒内にある「朝日鮨

2500円で寿司食べ放題ランチをやっているとのことで、ずっと気になっていました。

しかもここは客にすぐキレる「ブチギレ店主」がいるとのことで有名。

ブロガーとしては、こんなに美味しいネタはありませんね。

f:id:gurikenblog:20170905135238j:plain

f:id:gurikenblog:20170905135307j:plain

真駒内駅からは歩けば20分以上かかる距離。住宅街でひっそりと営んでいます。

「ブチギレ店主」の噂

繰り返しますが、ここのお寿司屋さんは店主がすぐにブチギレることで有名。聞くところによると客にすぐ「帰れ!!」って言っちゃうそう(笑)おかげでカウンターはいつもピリピリムードだそうです。

店内には「携帯禁止、おしゃべり禁止」の文字があって、もちろん写真なんてもってのほか。クセが強いブロガー泣かせの店主にどう立ち向かうか、シミュレーションを重ねて入店しました。

※写真NGということで、外観以外の写真は全てイメージです。

完全に店主のペース

入ってすぐ、店内に漂う緊張感が並みのものではないことに気づきます。

「あ、これヤバいやつ…」

静寂の中、一緒に行った先輩と目を合わせます。

食べ放題の旨を伝え、着席するとすぐに「中とろの手巻き」が出てくるので、ひとまずかぶりつきます。ネタは新鮮。抜群に美味いです。

あと、箸は出てきません。

「寿司は手で食え」というこだわりなんでしょう。言っておきますが「箸ください」なんて言える雰囲気じゃありませんからね。

ショーケースの中には、うにやいくら、中とろなどの高級ネタがズラリと並んでいます。

店主「兄ちゃん、何にする?」

「全部いいんですか?」

この一言がまずかった。

ぐりけん、入店2分で「帰れ!!」頂戴する

店主「お前、食わせないもん並べる訳ないだろ!そんな失礼なこと聞くなら帰れ! ったく、朝から訳わからんこと言うな!」

噂に違わぬ、ブチギレ店主(笑) 入店早々「帰れ!!」いただきました。

いやいや、うにやイクラが食べ放題ってマジかよって思ってるんだから、聞いたっていいじゃねぇか(笑)

早速朝日鮨の洗礼を浴びますが、こちらはシミュレーションを重ねて臨んでいるので、想定内ですからね。

「すいません!うにでお願いします!」

臆さず、大きな声で注文です。

寿司は最高にうまかった

店内には先客が4人いました。カウンターの奥から順番に注文を聞かれ、1品ずつ握ってくれるスタイルです。ここで隣の人を追い越したりすると、すかさず「帰れ!」と言われるので、自分の順番まで我慢します。

もうこうなったらカウンター越しのバトルです。うに、いくら、中とろ…高級ネタからどんどん注文。握りは1ネタ2貫ずつ出してくれます。

f:id:gurikenblog:20170905160416j:plain

味はマジで本物です。

目の前で新鮮な魚をさばき、口の中に入れた瞬間にほどけるシャリにも職人の魂を感じます。めっちゃうまい。

その後も店主との戦いは続きます。

(寿司下駄についた米粒を見て)おい、職人が握った米粒残すな」

「ほんと、若い奴は高いものばっかり頼みやがる」

「回転寿司とは違んだぞ」

「寿司は腹一杯になるまで食うもんじゃねぇんだ」

とりあえず「はい!すいません!」で応戦。体育会系っぽく、元気の良さをアピールすることがポイントです。

すると…

「ところで、お前はいくつだ?」

「仕事は何をしているんだ?」

ほら、だんだん優しくなってきました(笑)

店主はブチギレじゃなくて、ツンデレだった

おしゃべり禁止と書いていますが、そもそも店主がすごいおしゃべり。

「どこからきたんだ?」

「インターネットを見てきたのか?」

と僕らをロックオンし、質問攻めです。

肝心の握りも店主も乗ってくるとペースが早まり、どんどん握ってくれます。

もうカウンター越しのバトルです。職人が本気で握るお寿司を、こちらも胃袋の限り食します。

f:id:gurikenblog:20170905160152j:plain

僕はいくらが大好き。そしてそのいくらがとにかく美味しかったので、間にサーモンやハマチを挟んで空気を読みながら、何度も注文しました(とても連続で頼める雰囲気ではない)。

4度目くらいのいくらで「おい、そろそろおあいそか?(高いネタばっかり食いやがっての意味)と冗談まで飛び出します。店主ノリノリです。

なんせ2500円で

  • いくら 8貫
  • ホタテ 4貫
  • うに  2貫
  • 中とろ 2貫
  • はまち 2貫
  • あじ  2貫
  • たこ  2貫
  • サーモン2貫

いいネタばかり、ざっと24貫ですからね。

僕なんて少ない方で、隣のサラリーマンは余裕で30貫以上食べていました。他にもシメサバ、コハダ、いか、甘エビ、かになど、旬のネタを惜しみなく提供していますから、コスパは抜群です。特にシメサバとタコが自慢とのこと。光ものが苦手なので鯖は食べませんでしたが、タコは美味しかった!

これを先月までは2000円でやっていたというんですから、衝撃です。ランチの食べ放題はもうやめようとも思っていたそうですが、お客さんから「値上げしても続けて欲しい」と言われたんだとか。9月からは2500円でやっていますが、それでも安すぎですよね。コスパ日本一と言ってもいいかもしれません。

あっという間に満腹

さすがに20貫を超えたあたりから、お腹もいっぱいになってきます。

さっきまで隣で食べていた老夫婦が「大将、1貫ずつでいいわ」と言っていたので真似をすると、「あれは老人だからやってやったんだ、お前らは2貫食え」

!!!!!!!

ちょっと優しくなってきたと思って、調子に乗りました。すいません(笑)

野球界も御用達のお店で、壁一面に選手の写真やサインがズラリ。北海道日本ハムの選手だけでなく、遠征で札幌に来た他球団の選手もわざわざお忍びで通うお店なんです。

客が僕らだけになると、ツンデレ店主自慢のお宝グッズを見せていただき、最後は名刺までくれて「また来いよ」。

ビビって行きましたが、最高の寿司エンターテイメントでした。

ただ、生半可な気持ちで食べに行くと、返り討ちにされるので注意です。

行ってみたい人は覚悟を決めてどうぞ。

朝日鮨の場所

札幌市南区真駒内本町7丁目4−28

関連ランキング:寿司 | 自衛隊前駅真駒内駅

ランチ食べ放題

平日2500円、土日3000円

12:00〜14:00

公式HP

新鮮なお料理と充実のおもてなし【朝日鮨】