仮想通貨の購入方法。おすすめ取引所のcoincheck、bitFlyer、Zaifを比較!

f:id:gurikenblog:20171026163735j:plain

最近、世間がビットコイン、ビットコインとうるさいので「ちょっと気になるなー」なんて人も多いかと思います。僕もそんなことがきっかけで、6月下旬から仮想通貨取引を始めました。そこで今回は

「仮想通貨を初めてみたいけど、右も左もわからない」

という人向けに、仮想通貨の買い方についてまとめました。

 仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

引用:仮想通貨とは

仮想通貨の種類は600種類以上あると言われていると言われており、最もシェアを持つものがビットコイン。その他の仮想通貨のことを総称してアルトコインと呼びます。イーサリアム、リップル、ネムなどがアルトコインの代表的なものです。取引所ではビットコインだけでなく、アルトコインも購入することが出来ます。

f:id:gurikenblog:20170626195736p:plain

また仮想通貨には円やドルのように実際の紙幣や硬貨がありません。仮想ですからね。オンラインゲームの課金マネーのようなものと考えてもらえるとわかりやすいかと思います。

現状、仮想通貨の価値はかなり不安定。数十倍になることもあれば、一気に価値がなくなることだってあります。ビットコインよりハイリスクハイリターンなものがアルトコインです。最初は余剰資金で買ってみることをオススメします。

▼ちなみに仮想通貨のことを詳しく勉強したいなら、これを読めば理解できます。

帯にあるとおり「これでわからなかったらごめんなさい」レベルの解説。僕も早速買ってみましたが、安全性や法整備のことまで書いてあってオススメ。

ビットコインっていくらから買えるの?

2017年7月5日時点で1BTCは300,000円前後を推移。じゃあ「ビットコインを買うには30万円ないとだめなの?」というと、そうではありません。

ビットコインは例えば0.01BTC単位でもビットコインは買うことが出来るので、1BTCが300,000円のレートの場合、「3,000円だけ買ってみよう」と気軽に購入することが可能です。

※2017年9月1日追記:1BTCは500,000円を突破しました。わずか2カ月足らずで2倍近く跳ね上がっています。

※2017年10月26日追記:1BTCは10月に入り60万円台に突入。勢いはとどまることを知りません。

※2017年11月16日追記:あれよあれよと、1BTC80万円台突破…

仮想通貨はどこで買える?

仮想通貨は「coincheck」、「bitFlyer」、「Zaif」といった取引所でオンライン購入することが出来ます。仮想通貨は365日24時間取引できるのが特徴。各取引所で扱っている仮想通貨の種類が異なるなど、それぞれに特徴があります。

日本では現在11社が仮想通貨交換業者として金融庁から仮想通貨の販売を許可されており、+19社が審査継続中。徐々に広がりを見せています(金融庁のHPを確認する)。

下記で仮想通貨取引を初めて行う際にオススメの取引所を3つ紹介します。

coincheck(コインチェック)

coincheckは、扱うアルトコイン(ビットコイン以外)の種類が豊富な取引所です。

f:id:gurikenblog:20170809105102p:plain

 coincheck

取り扱い通貨の数は国内トップ。

f:id:gurikenblog:20171026152118p:plain

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサクラシック(ETC)、リスク(LISK)、ファクトム(FCT)、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、リップル(XRP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(BCH)とたくさんのアルトコインを扱っており、今後も増えていくことが予想されます。

スマホアプリの見やすさ・使いやすさはcoincheckがダントツ。初心者が仮想通貨取引を始めるには、まずはcoincheckで口座開設するといいでしょう。

ビットコインのみ売り板/買い板形式で売買可能ですが、それ以外のアルトコインは販売所形式。coincheckがコインを持っていてそれらを販売しています。すぐに取引できるメリットがある反面、手数料(スプレッド)が高めです。

またcoincheckでは、自身の持っている仮想通貨を貸し出しして利息収入を得ることができます(レンディング)。これは他の業者では行われていないコインチェックの強み。長期保有したい方にオススメです。

  • 取り扱うコインの種類が国内トップ!
  • アプリが1番使いやすい!
  • 貸付で利息収入を得るレンディングが可能!
  • 盗難補償あり
  • 販売所形式のため、手数料は高め。
coincheckの登録はメールアドレスかfacebook認証。本人確認、はがきでの住所確認を経て取引が可能になります。登録から一連の承認作業を経て、実際にコインを買えるようになるまでは数日かかります。

coincheckで口座開設する

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer国内最大手で、FXに強い仮想通貨取引所です。

f:id:gurikenblog:20171026151713p:plain

 bitFlyer

取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)

コインチェックで買えない通貨としてモナコインの扱いがあります。

コインチェック同様、ビットコイン以外はbitFlyerが直接コインを販売する販売所形式。手数料は取引所形式のZaifと比べると高めに設定されています。

ビットフライヤーには「bitFlyer Ligthtning」というシステムがあり、FXのようにレバレッジをかけて取引することが可能です。

  • 国内最大手の取引所!
  • FXに強い!
  • 盗難補償あり!
  • 販売所形式のため、手数料は高め。
bitFlyerの登録はメールアドレスもしくはfacebook認証。その後、本人情報の登録、本人確認資料の提出(ウェブで写真提出)、転送不要書留郵便の受け取りを経て、取引を開始できます。登録から一連の承認作業を経て、実際にコインを買えるようになるまで数日かかります。

bitFlyerで口座開設する

Zaif(ザイフ)

国内取引所ではcoincheckとbitFlyerがツートップですが、Zaifは違った特徴を出して、存在感を放っています。

f:id:gurikenblog:20171026154556p:plain

 Zaif

取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)、加えてトークンも売買可能です。

f:id:gurikenblog:20171026154816p:plain

Zaif全ての通貨が売り板/買い板形式で購入できるので、coincheckやbitFlyerよりも安価に通貨を買うことができます。

そして、Zaifの最大の特徴は仮想通貨の積立投資ができること。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

「ビットコインを買ってみたいけど、売買のタイミングがわからないし、なんか面倒くさい」という人にはうってつけのサービスです(こちらに詳しくまとめています:「Zaif(ザイフ)コイン積立」とは?ビットコイン積立投資のメリット・デメリット)。

相場が上がっても下がっても一定額を買い付ける「ドル・コスト平均法」で買い付ける事でリスクを減らせるので、長期積立を考えている人におすすめ。毎月1000円の少額からでもスタートすることができます。

一方、Zaifの不安要素は上記2社のような盗難補償がまだ整備されていないことと、サーバーが不安定なところ。取引が殺到するとサーバーが落ちて「売りたいときに売れない」 「買いたいときに買えない」という状況が発生するリスクがあります。じきに改善されると思いますが、現時点では不満のでる部分です。

  • 全ての通貨で板取引ができる (手数料が安い)
  • 仮想通貨の自動積立投資ができる唯一の取引所
  • 盗難補償がまだない。
  • サーバーが落ちやすい。
Zaifの登録はメールアドレスで簡単に行えます。本人確認、はがきでの住所確認を経て取引が可能になります。はがき受け取り後、記載されている番号を入力するまで売買が行えません。郵送の手続きが上記2社より少し遅かったです。

登録から一連の承認作業を経て、実際にコインを買えるようになるまでは一週間〜10日程度かかります。

Zaifで口座開設する

仮想通貨を買いたいなら、出来るときに口座開設しておこう

仮想通貨に興味があるなら、暇な時間を見つけて早めに口座開設をしておくことをオススメします。会員登録から郵便での住所確認まで2-3日、さらに入金して実際に購入可能になるまでのタイムラグもあります。

「あっ、ビットコインめっちゃ値段落ちてる~!」ってときに買えないなんてことになったら、もったいないですよね。

僕もそんな感じでチャンスを逃した苦い経験があります。

思い立ったが吉日。仮想通貨、ビットコインに興味がある方は早めの口座開設をオススメします。

仮想通貨取引所、結局どこがいいの?

個人的な答えは【上記3つは全部口座開設したほうがいい】です。

上記にまとめた通り、それぞれ扱い通貨やサービスが異なります。「新しい通貨を扱います」(いわゆる仮想通貨の“上場”)という際には、価格が高騰することもあり、口座を持っていないとせっかくの機会を逃しかねません。

coincheck」「bitFlyer」「Zaif」、まだ登録していないあなたは、この機会にぜひ口座開設してみてください。