【ライザップ】糖質制限ダイエット2カ月で-8キロの効果。見えた5つのこと

f:id:gurikenblog:20170328103720j:plain

勤務時間・食生活が不規則すぎる仕事でボディメイクには相当な悪環境ですが、食事制限と適度な筋トレでセルフ・ライザップやっています。

  1. 出張年間100日以上
  2. その間全て外食
  3. 飲み会ほぼ毎週
生活サイクルはこんな感じ。1/27にセルフ・ライザップをスタートして早、2カ月が経過しました。今回は経過報告です。

セルフ・ライザップ2カ月目の成果は?

1/27に77キロあった体重は、今朝68.8キロまで落ちていました。-8.2キロ!

1カ月で-5キロだったので、今月も順調に3キロ減です。週に2回は飲みに行ったし、出張も10日くらい出ててその間は3食外食。あんまり家でご飯食べていないですが、それでもきちっと食事管理すれば、結果は出るんですね。

1カ月目の経過報告には、体に起きた変化やメリット・デメリットを紹介しました。

【ライザップ】糖質制限ダイエット1カ月で-5kgの効果。体の変化やデメリットは?

今回は、セルフ・ライザップを2カ月継続して見えてきたことをまとめます。

ライザップの糖質制限おさらい

RIZAP流の食事のルールは下記の通りです。
  • 糖質をカットする
  • お腹いっぱいタンパク質を食べて、筋肉をキープする
  • 間食はOK。むしろ空腹の状態を作らない
  • 食事ボリュームは 昼>朝>夜
糖質は3食で60g以下を徹底します。なので1食糖質20g以下。
糖質制限の中でも厳しめの、いわゆるスーパー糖質制限です。
1カ月目はこれを徹底しましたが、糖質コントロール期の2カ月目(今月)は昼のみ主食(ごはんやラーメン)OKのルールに緩めていました。それでも-3キロです。順調に体重が減っています。というか、もうこれ以上減らなくていいです。
▼詳しい食事管理、トレーニングメソッドはこちらに詳しくまとめています。
合わせて読みたい

セルフ・ライザップを2カ月やって見えた5つのこと

セルフ・ライザップを2カ月続けて、自分なりにわかってきたことがあるのでまとめます。

ダイエットに必要なのは「正しい知識」と「強い意思」

効果的に体重を落とすのに一番必要なのは「正しい知識」でした。ライザップメソッドを正確に理解したら、通わなくても全然痩せられました。あとは継続するための「強い意思」。それがあれば必ず結果が出ます。

2カ月もやれば、食生活は習慣化する

最初は「お米食べたい!」「ラーメン食べたい!」と思いますが、それは最初の1週間くらい。2カ月目にもなれば無理に食べなくても良くなります。おやつとかも一緒。僕はこれまでコンビニでは常に甘いコーヒーか炭酸ジュース。ポテチやフライドポテトも大好きでしたが、この2カ月、ついに1回も口にしませんでした。永遠にビールだったアルコールも、ずっとハイボールで意外とイケました。うまい!ハイボール。

糖質って、なかったらないで良いのです。いかにこれまで自分がなにも考えずに飲食していたか、思い知らされました。今ではコンビニで買う飲み物はお茶か水。健康にもそのほうがいいですね。

ちなみに昼は主食OKとしましたが、別に毎日お昼にラーメンとかライスを食べなければいけないわけではありません。糖質抜きが習慣になっているので、そんなに炭水化物を欲しない体になっていますし、食べたくないときや、前日食べ過ぎたと思うときにはお昼も糖質抜いていました。それができる体、脳になります。

リバウンドを恐れて、過敏になりすぎる必要はない

1カ月のスーパー糖質制限を経て、昼だけ主食OKとルールを決めたものの、最初はごはんを口にするのにとてつもない罪悪感を感じました。しかし、実際のところお昼にラーメンを食べたくらいじゃ、体重は増えません。出張中に2日連続ラーメン+ライスしましたが、体重増えませんでした。

もともとの食生活と比べたら、もう全然健康を考えた食事にシフトしているのです。だから、元の食生活に戻らない限り、そんなに過敏になる必要はありません。2カ月目に入ったらつきあいで乾杯はビールとか、そのくらいの「まあ、いっか」は大丈夫です。

世の中は「糖質オフ」で溢れている

糖質制限が流行している今、「糖質オフ」や「糖質ゼロ」商品はいくらでもあります。糖質0ビールはもちろん、低糖質スイーツ、低糖質パン、糖質0麺まで。特にローソンの低糖質パンはマジで最高。糖質制限の味方とも言える商品はたくさんあるし、それらを見つけるのが1つの楽しみでもあります。

合わせて読みたい

▼これがオススメ!

 食事制限よりも、トレーニングの継続の方が大変

食事は習慣化するので軌道に乗ればさほど苦ではないですが、それよりもトレーニングを継続することの方が大変です。すでに食事改善でダイエット効果が出ているので、「綺麗な体作り」というだけではモチベーションが保ちにくいのです。2カ月目は、1カ月目よりも運動に比重を置いた方が良いと思います。

 3カ月目、スタイルキープ期突入

もう、これ以上体重を落とすことに重点を置かなくて良いので、これからは夜もほどほどに主食を解禁します。 それよりもトレーニングに比重を置き、筋肥大を狙ったウエートトレーニングに移行します。ボディメイクです。

来月末には3カ月間のセルフ・ライザップの成果を、ビフォーアフター写真ともにお届けできれば。

乞うご期待!

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)

▼糖質制限を助けてくれた本

1175点の食事メニューを糖質量順に紹介してくれる辞書のようなハンドブック!

▼オススメのライザップ本

▼糖質制限・ライザップについての記事はこちら