リノベーションで良い工務店を選ぶ方法。大切なのはフィーリングとヒアリング

f:id:gurikenblog:20171018174316j:plain

ぐりけん(@gurikenblog)です。

中古マンションリノベーションの業者選びってどこに頼んだらいいのか、非常に悩みますよね。リフォーム業者はたくさんあるのにもかかわらず、意外と検索しても出てこない。

工務店選びはリノベを行う上で3本の指に入る大きな悩みです。

リノベーションは大きく分けて

  1. 大手のリフォーム会社
  2. 地元の工務店
  3. ワンストップサービス

のいずれかにお願いすることになります(詳細は「中古マンションリノベーションってどこに頼めばいいの?正しい業者の選び方」へ)。

工務店を選ぶ上でチェックすべきポイントを、僕は「フィーリング」「ヒアリング能力」だと思っています。

工務店を選びで大切にするポイント

1.フィーリング

過去に手がけた物件が好きかどうか、つまりフィーリングはとても大切です。僕らは自宅に入ってきたポスティングに一目惚れし、地元の工務店にフルリノベーションをお願いしました。

過去の事例で取り入れたいものがあれば「これ、うちでもやってみたいです」と言えば話が早いし、提案してくれるものも自分たちのセンスと近いので、スムーズにプランニングを進めることができました。

2.ヒアリング能力

1より大切なのはこっちですね。「ヒアリング能力」は工務店を判断する上でとっても大切なチェックポイントです。

僕たちはリノベーションの相談に行く際に、自分たちのやりたいことをまとめた「理想の家シート」を作って持参しました(これは絶対にやったほうがいいです。詳しくはリノベーションで正確に希望を伝える方法。「理想の家シート」の作り方をご参照ください)。

よくない工務店は「受け身」です。

希望をそのまま叶えようとするので、話もあまり盛り上がらないし、素人の僕らが作ったイメージ以上のものができなそう…と思ってしまいました。こういう業者さんには頼むべきではありません。

一方、優秀な工務店は「ヒアリングが上手」です。

やりたいことを聞いてくれた上で「ぐりけんさん夫婦は、こういう生活がしたいってことですよね?」「こんなアイデアはどうですか?」と、プロの目線で正しい方向に導いてくれます。

夜遅くの打ち合わせにもかかわらず「楽しそう」に一緒にプランニングを行ってくれたのもすごく好印象でした。

ヒアリングが上手な工務店さんは「一緒に理想の部屋を作っていく一体感」がすごくあって、楽しくリノベーションを進めることができます。

リノベーションのプランニングにおいては「やりたいこと」の先にある「どんな生活がしたいか」というところのイメージを共有することが重要。いい工務店はそこを上手に引き出してくれます。

まとめ:来店相談の際には、相手のヒアリング能力をチェックしよう

実際にリノベーションの相談に行く際には、工務店さんの「ヒアリング能力」に、ぜひ意識を向けてみてください。

「ぐりぶろぐ」はリノベのいろはをまとめています

当ブログではリノベーションのいろはをフェーズごと、詳細にまとめています。

リノベーションにかかった費用や、ビフォーアフター写真間取りリノベ用物件選びのポイントや、僕が26歳でマンションリノベーションをした理由など、たくさん書きました。

リノベーションっていいな!と思ってもらえたり、リノベーションを検討している方の参考になれば幸いです。

 平成生まれが中古マンションリノベーションのすべてをまとめました