ジョイントマットでトレーニングルーム作ってみたら超捗った

f:id:gurikenblog:20170429231809j:plain

どうも、ぐりけん(@gurikenblog)です。

4LDKのマンションをフルリノベーションしましたが、まだ夫婦2人暮らしなので2部屋余っています。ちょうどセルフ・ライザップ中だったこともあって、まだ使っていない部屋をジョイントマットでトレーニングルームにしてみました。

 トレーニングルームの作り方

f:id:gurikenblog:20170429222916j:plain

空いている5畳ほどの部屋をトレーニングルームにしようと思います。

まず、使うのはコレ。ビバホームで売っている大判つなげるソフトマット。体幹トレーニングやストレッチを行うスペースを作ります。

f:id:gurikenblog:20170429223031j:plain

これを敷き詰めます。LIXILビバホームで1セット4枚組で1,280円でしたが、あとからアマゾン見たらこっちのほうがオトクでした。

▼これオススメ!

f:id:gurikenblog:20170429223910j:plain

ジョイントマットって、ピッタリ敷き詰めるためのサイドパーツもあるんですね。

ちなみにこのサイドパーツはビバホームのものだと別売りですが、タンスのゲンならサイドパーツもセット。2,980円で3畳敷き詰められます。

マットを敷くとこんな感じになります。端っこは長さを測ってカッターで切りました。

f:id:gurikenblog:20170429224133j:plain

あっという間に、ジムのストレッチスペースみたいな部屋ができました。1センチの厚みがあるので防音もバッチリ。ここにエアロバイクを置いて、完成です。

f:id:gurikenblog:20170429224844j:plain

おすすめトレーニングアイテム

うちで使っているトレーニングアイテムで使い勝手の良いものを紹介します。

イグニオのフィットネスバイク

アルペンのプライベートブランド「イグニオ」ブランドで出しているフィットネスバイク。マグネット式なのでペダルをこぐ音がめちゃめちゃ静か。マンションでも大丈夫です。マグネット式のエアロバイクは「アルインコ」のものが有名ですが、ちょっと負荷が軽すぎる印象。しっかりした負荷が欲しい人はこっちの方がいいです。ちなみに店頭で買うと16,900円ですが、アマゾンだと10,800円で買えます。室内で有酸素運動が出来るのはうれしいです。

ワンダーコア

言わずと知れた腹筋マシーン。うちは初期のタイプを使っていますが、省スペースのワンダーコアスマートが評判良いです。

プッシュアップバー

個人的にめっちゃ推したいのはコレ。深くまで肘をたためるので、腕立て伏せの効果が何倍にもなります。1,000円くらいで買えるので、胸板を厚くしたい人は使うといいですよ。

IMPHY フォームローラー

インフィーのフォームローラー。ストレッチポールのようなものなんですが、表面の凹凸で「筋膜リリース」することで、肩こりとか腰痛、足のむくみも解消してくれます。ハイヒールを日常的に履く人なんかにもオススメです。風呂上がりにこれの上でコロコロ寝転がってから寝ると、翌朝の体の軽さが見違えます。デザインも豊富なのがいいところ。

自宅トレーニングのメリット

  • いつでもできる
  • すぐにシャワーを浴びられる
  • ジムの会費がかからない

自宅トレーニングはいいことだらけなので、スペースに余裕がある人はぜひ、試してみてはいかがでしょうか。ジョイントマットでストレッチスペースをつくるだけなら、3,000円で出来ちゃいますよ~!

ぐりけんが2カ月で8キロ痩せたセルフ・ライザップについての記事はこちら

自分でできる!ライザップの糖質制限食事メニューと筋トレを徹底解説する