【ライザップ】糖質制限中の外食・飲み会完全対策マニュアル(居酒屋編)

f:id:gurikenblog:20170130100024j:plain

セルフ・ライザップやってます

  1. 出張年間100日以上
  2. その間全て外食
  3. 飲み会ほぼ毎週
ボディメイクには相当な悪環境ですが、食事制限と適度な筋トレでセルフ・ライザップやっています。

自分でできる!ライザップの糖質制限食事メニューと筋トレを徹底解説する

「2017年はカラダを絞る!」と心に誓ったものの、職業柄「きょう行く?」みたいな不意打ちの飲み会も多いです。今回は居酒屋で、余計な糖質を摂らなくて済む方法を徹底解説します。

ライザップの糖質制限

RIZAP流の食事のルールは下記の通りです。
  • 糖質をカットする
  • お腹いっぱいタンパク質を食べて、筋肉をキープする
  • 間食はOK。むしろ空腹の状態を作らない
  • 食事ボリュームは 昼>朝>夜
糖質は3食で60g以下を徹底します。

居酒屋は糖質制限の味方?

実は居酒屋は他の飲食店に比べて糖質制限中に行くお店としては適しています。
  • 料理・お酒ともにメニューが豊富
  • 好きなものだけ手をつければいい
意図的に糖質を避けることが出来る居酒屋は、正しい知識を持って飲み会に臨めばダイエットに全く支障がないのです。

出来るなら飲む前に対策する

二日酔い防止のためにへパリーゼやウコンの力を飲む前に飲むように、体重増加防止のために飲み会前にできることがあります。
それは「食物繊維」を先に食べること。野菜です。
  • 気を遣わない友人と飲むなら、先にサラダを注文し最初に食べる。
  • 上司との飲みや接待などあまり自身の希望を強く言えない場合は、コンビニサラダを先に食べておく。
特に後者は面倒ですが、これだけで腸の中で糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれますし、食べ過ぎも予防でき一石二鳥です。

お酒はハイボールと焼酎

糖質制限でもお酒は飲んでOKです。ですが「とりあえず生で」は厳禁。
◆糖質制限でもOKなお酒
  • 焼酎(芋焼酎、米焼酎、緑茶ハイ、ウーロンハイなど)
  • ウィスキー、ハイボール
  • ジン、ウォッカ、ブランデー
  • 糖質0ビール
  • 辛口ワイン
  • 泡盛
◆糖質制限でNGなお酒
  • ビール
  • 日本酒
  • 梅酒
  • 甘いカクテル
  • 甘口ワイン
※ワインは糖質制限にはNGの飲み物とされてきました。甘口ワインは糖類が多く残っているためNGですが、一般的に辛口とされるワインは当質量は0.2/100g程度とされています。

食事メニュー

居酒屋は意外と糖質制限中でも食べて問題ないメニューが豊富です。
サラダを食べた後は、我慢せずに肉や魚を食べて構いません。ライザップでは高タンパクを目指しているので肉や魚、大豆はどんどん摂取しましょう。
注意するのは味付け。塩や醤油などでの味付けはOKですが、甘辛い味付けは注意が必要。タレは基本、糖質が高めです。焼肉や焼き鳥の場合は、塩・レモンでの味付けにし、タレは控えましょう。

OKメニュー例

f:id:gurikenblog:20170129220236j:plain

  • 焼き鳥
  • ステーキ
  • 焼肉
  • お刺身
  • 焼き魚
  • 干物
  • 冷や奴
  • 漬け物
  • 厚焼き卵
  • 枝豆
 あくまで一例ですが、意外とたくさん食べられるものがあると思います。もちろん他にもたくさんあります。衣が付いている鶏の唐揚げも、量を食べすぎなければ大丈夫です。

NGメニュー例

f:id:gurikenblog:20170129220253j:plain

  • 米(チャーハン、お茶漬け、リゾットなど)
  • 麺類
  • パン・ピザ
  • イモ(ポテサラ、フライドポテトなど)
  • パン粉を使った揚げ物(とんかつなど)
  • 皮を使ったもの(餃子、春巻きなど)
  • 粉物(お好み焼き)
シメの麺、雑炊、デザートももちろんNG。「ちょっとならいいかな…」と思いがちですが、チャーハン一口もNGです。白米一口の糖質は、牛肉1㌔よりも多いと言われています。その一口で努力が吹き飛びます。

まとめ

f:id:gurikenblog:20170129220848j:plain

もちろんビールは我慢ですが、「糖質制限しているので…」と言って、あれもこれも食べません。となると、一緒にいる人に気を遣わせてしまいます。ハイボールはたくさん飲んでいいし、肉も魚も食べて大丈夫。正しい知識を付けて、飲み会を楽しんでくださいね。

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)

▼オススメのライザップ本

▼糖質制限・ライザップについての記事はこちら