自宅筋トレをサボらない方法。継続するための8つの対策

f:id:gurikenblog:20170827204012j:plain

ぐりけん(@gurikenblog)です。

セルフライザップで8キロの減量に成功し、その後バッキバキの腹筋を手に入れるため、現在DCHの「HMB」サプリメント を飲みながら「腹筋腕立て月6,000回チャレンジ」なるものを一人でやっています。

HMBサプリの効果をガチ検証するため「腕立て腹筋月6,000回チャレンジ」する  

これまでトレーニングは3日坊主になることが多かったのですが、このチャレンジを開始してからはしっかり継続できています。

自宅での筋力トレーニングを継続するコツ

今回は僕の経験から、自宅での筋力トレーニングを継続する8つのコツをお伝えします。

①:周囲に宣言する

周囲の家族や友人にトレーニングを行なっていることを宣言するのはオススメです。「トレーニング順調?」とかって声もかけてもらえますし、周りに宣言をしたのにやめてしまうと、「いい加減な人間」「妥協しがちな人間」「続かない人間」のレッテルを貼られてしまうので、退路を断つことができます。ブログやSNSをやっている人はネット上に書いちゃうってのもアリ。僕は何かをやり遂げたいとき、そうしています。

②:期限を決めてカウントアップする

僕は今回「1ヶ月で腕立て腹筋トータル6000回」という目標設定をしました。毎日200回やれば到達できる数字です。期限を決めて毎日積み重ねていくことで、達成感も増幅していきます。

③:みんなでやる

昔、社会人アメリカンフットボールチームの「オービックシーガルズ」が腹筋プロジェクトというのをやっていました。チーム全員で累計100万回の腹筋を目指そうというプロジェクトで、ハッシュタグをつけてツイート。ファンも巻き込んで、見事ミリオンを達成していました。互いに高め合って報告しあってトレーニングすることはプラスに働きます。

④:ちょっとお金をかける

僕はDCHの「HMB」サプリメント を飲みながらトレーニングを行なっています。少しお金を払うことで、「しっかりやらないともったいない」という方向にメンタルを追い込みます。お金で退路を断つ方法は、あのライザップが最たるものですね。

ディープチェンジHMB徹底レビュー。1ヶ月効果検証した本当の口コミ

⑤:朝、家を出る前にやってしまう

トレーニングのタイミングは、メンタル的に朝が一番です。todoリストに就寝前まで残しておくと、あとあと面倒になってしまうので、朝一番のトイレ、歯磨き、腕立て伏せはセットにしましょう。規則正しい生活を送れますし、これが一番いい方法です。

⑥:お風呂にお湯を張って「暇な15分」を無理やり作る

それでも夜までタスクを残してしまった場合は、お風呂にお湯を張って、貯まるまでの「暇な15分」を無理やりにでも作ってしまう方法があります。汗をかいたらすぐにお風呂に入れるので、効率的。短時間で集中できる方にオススメです。

⑦:日毎に鍛える部位を変える

筋肉痛が原因で続かない人は、1日目に上半身と腹筋。2日目に下半身と腹筋など、部位を分けてトレーニングするといいでしょう。実際筋トレは毎日するよりも高負荷をかけた場合には1日、2日空けて超回復の時間を作る方がいいとされています。

例えばライザップでは週2度のトレーニングでも

  • 1回目は【上半身は押す運動&下半身は引く運動】
  • 2回目は【上半身を引く運動&下半身を押す運動】

のようにメニューを分けています。

ライザップの詳しいメソッドはこちらにまとめています。

自分でできる!ライザップの糖質制限食事メニューと筋トレを徹底解説する 

⑧:記録する

毎日記録することもモチベーションを保つコツです。体重(起床時と就寝前)やトレーニングメニュー、サプリメントの摂取時間など、記録することで得ることはたくさんあります。

どんなことも2週間続ければ、習慣に変わる

食事制限もそうでしたが、辛いのは最初の2週間。それを乗り切ると、どんなに苦しいことも不思議と習慣に変わってしまいます。

それぞれに合った方法で、自分自身を追い込んで、ぜひトレーニングを習慣にしてください。