リノベーションで正確に希望を伝える方法。「理想の家シート」の作り方

f:id:gurikenblog:20171006132253j:plain

リノベーションでプランニングをして行く際には、「こちらのイメージが正確に伝わっているだろうか」と不安になることがあります。

デザイナーさんへ正確に自分たちの希望を伝えるために、物件を探しながら「理想の家シート」を作りましょう。

「理想の家シート」って?

「理想の家シート」とは、その名の通り自分たちが“リノベーションをしてどんな家にしたいか”の希望をまとめたものです。

僕らの作った「理想の家シート」の一部を紹介します。

このほかに、自分たちが好きな雰囲気の写真を何枚もプリントアウトして持っていきました。

改めてこのシートと出来上がりを比べてみると、かなり正確に自分たちの希望が伝えられていたなと思います。

▶︎ビフォーアフター

「理想の家シート」の作り方

f:id:gurikenblog:20171006132432j:plain

まずは夫婦で雑誌などを見ながら「あっ、こんなの良いね」とかって、インスピレーションを受け、自分たちの理想を箇条書きにして見ましょう。

無の状態から良いアイデアは生まれないので、たくさんの事例を見ることが大切です。

  • アイデアを箇条書きにする
  • 好きな事例の画像を保存したり、切り抜いたりする

これを繰り返して、自分たちの希望をブラッシュアップしていきます。

リノベーション事例の探し方

リノベ事例を探す方法はたくさんあります。

1.インターネット

ネットにはたくさんの事例が落ちています。

中古マンションリノベーション事例が見られるおすすめサイト4選」で、僕が実際に活用したサイトを紹介していますので、是非覗いてみてください。

「アイランドキッチン」「ガラス張りのお風呂」など自分たちの気になるフレーズで画像検索してもいいと思います。

2.雑誌

f:id:gurikenblog:20171006132728j:plain

雑誌は必須ですね。ネットもいいのですが、雑誌などの紙媒体の方が「夫婦間のコミュニケーションが生まれる」メリットがあります。

気に入った事例はどんどん切り抜いておきましょう。

特に地域版の雑誌は必ず購入することをオススメします。

f:id:gurikenblog:20171006132901j:plain

上記のような「●●版(ここでいうと北海道版)」は、地元の工務店の施工事例を中心に取り扱っています。

工務店ってなかなかネット検索で見つけるのは難しくて「札幌 工務店」とかって調べても、全然出てこないんですよね。

事例を見るとともに、自分たちとフィーリングのあう工務店があるかどうかも探しましょう。

中古マンションリノベーションってどこに頼めばいいの?正しい業者の選び方

3.資料請求

個人的にオススメしたいのが資料請求。これはもう、積極的に活用した方がいいです。雑誌は何冊も買うと、費用がかさみますから。資料請求なら無料です。

地域版の雑誌を購入したら、気になった工務店は片っ端から資料請求してください。雑誌には1事例しかなくても、資料請求すればその工務店のたくさんの事例を見ることができます。

雑誌同様、気に入ったアイデアは切り抜いておきます。

リノベる。の資料はクオリティが高いので要チェック!

f:id:gurikenblog:20171006134549p:plain

中でも多くの方にオススメできるのは「リノべる 」の資料ですね。

リノべる は物件選びから住宅ローンの相談、リノベーションのプランニングから施工まで、全てを1社で完結してくれるワンストップ型のサービスを提供している会社です。

資料請求で会社のパンフレットのほかに、

  • リノベ事例集
  • リノベQ&Aブック

がもらえます。

f:id:gurikenblog:20171005132303p:plain

事例だけでなく、リノベの基本が学べるQAも付いているので、これからリノベーションをしようと思っている人には役に立つアイテムだと思います。

リノベる。でのリノベーションは現状

宮城、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、愛知、三重、静岡、岐阜、大阪、京都、兵庫、広島、岡山、福岡、熊本、鹿児島

が対象地域になっています。

公式サイト

リノべる  

「理想の家シート」を作る上で大切なこと

  • 好みの雰囲気
  • どんなものを作りたいか

これらを写真や文章で伝えるのはもちろん大切なのですが、一番大切なのはデザイナーさんに「どんな暮らしがしたいか」をイメージさせることです。

うちの場合だと

  • アウトドア用品が多いから玄関を広くしたい
  • 共働きだからキッチンに2人で立ちたい
  • 子供は勉強するときと寝るとき以外、リビングにいて欲しい
  • 玄関からリビングまで繋がっていて欲しい(玄関を開けた瞬間にコミュニケーションが生まれるように)
  • 収納は隠したい(=生活感を出したくない)
  • 洗濯物干しを寝室に起きたくない(=生活感を出したくない)

など。

デザイン面の好みばかりをプレゼンするのではなく、「どんな暮らしがしたいか」を正確に伝えることで、「そういうことなら、こうしたほうがいいですよ」と、デザイナーさんはプロ目線で1段階上のアイデアを提供してくれます。

「理想の家シート」はいつ作るの?

「理想の家シート」はリノベーションをすると決断したらすぐに作りましょう。

「物件を捜す前から取り掛かり、工務店に相談に行く前に完成させる」のが目安です。

これを用意しておくことで、希望を叶えるためにどんなハコ(物件)が必要かがわかってきますし、「理想の家シート」を持って工務店に相談に行くことで予算感がわかります。

きちんとした資料を揃えて行くことで「お、ちゃんとした人だな」という印象を与えられて、若くてお金持ってなさそうでも誠実に対応してもらえるメリットもあります。

僕らも「若いのにすごい」とたくさん褒めてもらいました(笑)

是非、夫婦でたくさんアイデアを出し合って、素敵な「理想の家」シートを作ってみてください。

リノベのいろはをまとめています

当ブログではリノベーションのいろはをフェーズごと、詳細にまとめています。

 

 平成生まれが中古マンションリノベーションのすべてをまとめました