【ライザップ】糖質制限ダイエットの救世主となる飲料・ジュース8選

f:id:gurikenblog:20170328174808j:plain

勤務時間・食生活が不規則すぎる仕事でボディメイクには相当な悪環境ですが、食事制限と適度な筋トレでセルフ・ライザップやっています。

  1. 出張年間100日以上
  2. その間全て外食
  3. 飲み会ほぼ毎週
生活サイクルはこんな感じ。1/27にセルフ・ライザップをスタートして2カ月で-8キロの成果がありました。
糖質制限中はジュースや甘いコーヒー、乳製品など口にできないものが多いです。でもお茶と水しか飲めないかといわれると、そうではありません。低糖質飲料って、スーパーに行くと結構選択肢が多いんです。
今回は、僕が糖質制限中に助けてもらっていた飲料を紹介します。

 ジュース飲料

ジュースなんて絶対ダメでしょ、と思うでしょうが意外にも飲めるものがあるんです。

1.コカ・コーラZERO

f:id:gurikenblog:20170328172234j:plain

おなじみのダイエットコーラ。コカコーラゼロの炭水化物は0なので、もちろん糖質もゼロ。人工甘味料を使っていますが、糖質ダイエット中は飲んでも大丈夫です。どんなダイエットでもそうですが、飲み過ぎには注意です。

2.カナダドライ ジンジャーエール プラス

f:id:gurikenblog:20170328172245j:plain

3月13日に発売開始したばかりの「カナダドライ ジンジャーエール プラス」。カロリーゼロのジンジャーエールがついに出ました。炭水化物0で、糖質ゼロ! 甘さが普通のジンジャーエールよりも若干控えめで、炭酸は相変わらず強いまま。ドライで口の中に甘ったるい感じが残らないので、僕はこっちの方が好きです。しかも機能性表示食品!

 本品には、難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリン(食物繊維)は、「食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにすること」が報告されています。本品は、脂肪の多い食事をとりがちな方、食後の血中中性脂肪の上昇が気になる方に適した飲料です。

引用:機能性表示食品のカナダドライ ジンジャーエール プラス 3月13日(月)から全国発売開始: The Coca-Cola Company

乳飲料

牛乳ってまあまあ糖質高めで、コップ一杯(200ml)で糖質約10gもあります。コーヒー牛乳やいちごオレなんて砂糖が入っていてもってのほか。我慢しなきゃいけないなぁ…と思っていたらこんなものがあるんです。

3.marusan麦芽コーヒー豆乳飲料 カロリー50%オフ

f:id:gurikenblog:20170328173034j:plain

マルサンアイ株式会社が出しているカロリーオフの豆乳コーヒーなんですが、100ml当たりの炭水化物がなんと0.9g!!!コップ一杯(200ml)でも、1.8gです。コレ本当にスゴイ。カフェオレみたいに甘いのに、ここまで糖質を抑えられているのが不思議です。いまだに表示が間違ってるんじゃないのかと、疑っています。豆乳独特の味も全くしません。ただのカフェオレです。

4.marusanバナナ豆乳飲料 カロリー50%オフ

f:id:gurikenblog:20170328173522j:plain

同じくマルサンアイから、カロリーオフのバナナ豆乳。こっちもただのバナナオレです。100ml当たりの炭水化物は0.8g。コップ一杯(200ml)1.6gって絶対ウソ!!!!っていうくらい美味しい。風呂上がりに3杯くらい飲んじゃいます。それでも全然大丈夫。マジ不思議すぎ。

コーヒー飲料

コーヒーはブラックならOKと良く聞きますよね。

5.ネスカフェエクセラ 無糖

f:id:gurikenblog:20170328173636j:plain

糖質制限中、ブラックコーヒーはOKです。でも糖質が0ってワケではありません。100ml当たり糖質0.7g入っているので、飲み過ぎには注意です。

6.お茶全般

f:id:gurikenblog:20170328173743j:plain

お茶はもちろん糖質ゼロ。水と一緒でいくら飲んでもOKです。糖質制限中は体が水分不足になりやすいので、1日2L飲むことを目標に頑張ってください。

お酒

7.糖質0ビール

f:id:gurikenblog:20170328173856j:plain

おなじみ糖質0ビール。糖質●%カットではなく、必ず0のものを選びましょう。各社糖質0ビールを出していますが、一番美味しいのはアサヒスタイルフリーかな。最近出た青いやつじゃなくて、緑の方がおすすめ。

8.トリスハイボール缶

f:id:gurikenblog:20170328174357j:plain

トリスハイボール缶。ハイボールは糖質0ですが、このトリスハイボール缶には100mlあたり2.3gの炭水化物が入っています。350mlで7.5g・・・。あれ?なんで?と思いますが、これはレモンスピリッツと食物繊維が主だから(炭水化物=糖質+食物繊維)。よく見ると一番下に糖類0~1gって書いているので大丈夫ですね。角ハイボール缶も同じくOK。

f:id:gurikenblog:20170328174757j:plain

まとめ

甘い物が欲しくなったりお酒が飲みたくなっても、意外と選択肢はあるので大丈夫。

正しいチョイスで、糖質制限を成功させましょう!

 

2ヶ月で8キロの減量に成功したライザップメソッドは下記で詳しくまとめています。

ライザップの食事対策はこちら